花粉シーズン突入、暖冬の影響で平年より早く

 ウェザーニューズは2020年2月6日、花粉シーズンに突入したと発表した。暖冬の影響で花粉シーズンが平年より早まり、2月5日までに1都14県で花粉が観測された。飛散は今後も徐々に増え、2月中旬にかけて西・東日本の広範囲に拡大する見通し。

生活・健康 その他
花粉飛散マップ(2020年)
  • 花粉飛散マップ(2020年)
  • 花粉の飛散開始予想(2020年)
  • 飛散ピーク予想
  • 2020年花粉飛散傾向(平年比)
  • 2020年花粉飛散傾向(2019年比)
 ウェザーニューズは2020年2月6日、花粉シーズンに突入したと発表した。暖冬の影響で花粉シーズンが平年より早まり、2月5日までに1都14県で花粉が観測された。飛散は今後も徐々に増え、2月中旬にかけて西・東日本の広範囲に拡大する見通し。

 ウェザーニューズの「第3回花粉飛散傾向」の速報によると、2月5日までに東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、山梨県、静岡県、愛知県、三重県、和歌山県、山口県、愛媛県、福岡県、長崎県、大分県、熊本県の1都14県で、花粉観測機「ポールンロボ」によって基準を超える花粉の飛散が観測された。

 今後も飛散が徐々に増える見込みであり、ユーザーからの花粉症の症状報告でも「つらい」「ややつらい」という回答が増加していることを総合して、2月6日に花粉シーズンに突入したことを発表した。花粉シーズンの開始時期は、関東ではおおむね平年並みとなったが、東海や九州北部など、そのほかの県では平年より5~10日前後早まった。

 スギの雄花は、暖かくなると花粉を飛ばし始める。2019~2020年の冬は寒気の流れ込みが弱く、記録的な暖冬となり、全国的に平年を上回る温かさとなった。平年より気温の高い日が多かったためスギの雄花が開き、東京都内では2月3日ごろから花粉が飛び始め、5日に強い風が吹いたことも影響して、スギ花粉の飛散シーズンに突入したと考えられるという。

 2月6日現在、今季一番の強い寒気が流れ込んでいるが、ウェザーニューズでは寒気が去る2月中旬には日本付近に再び暖かい空気が流れ込み、全国的に気温が上昇すると予想。季節外れの暖かさとなり、西・東日本の広範囲で花粉シーズンに入り、すでに花粉シーズンに入っている関東地方や東海地方、九州北部などでは本格的な飛散が始まる可能性を指摘している。2月下旬にかけては、東北地方でも飛散が始まる見込みとなっており、暖冬の影響で飛散開始・ピークともに平年より早くなる可能性があるという。

 花粉シーズンに入ってからは、1週間~10日くらいで花粉の飛散が本格化する。スギ花粉の飛散ピーク予想は、西日本と、北陸を除く東日本の全域が2月中旬。北陸や東北は2月下旬~3月中旬。3月後半になると、スギ花粉の飛散は徐々にピークを越え、西日本からヒノキ花粉の飛散が増えてくる。

 ヒノキ花粉の飛散ピーク予想は、西・東日本を中心に3月中旬~4月中旬。シラカバ花粉が飛散する北海道は、道南・道央でゴールデンウィーク前後、道北・道東で5月中旬に飛散ピークを迎えると予想されている。

 2020年のスギ・ヒノキの花粉飛散量は、東北の一部で平年を上回る地域があるものの、ほぼ全国的に平年を下回る予想。全国平均では、平年の85%程度とみられている。ただし、総飛散量が少なくても、一時的・局地的に大量の花粉が飛散することがあるため、油断せず対策はしっかり行う必要がある。まだ花粉シーズンに入っていない地域の人も早めの花粉対策が大切になりそうだ。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)