【大学受験2020】京大、第1段階選抜合格発表…倍率2.8倍

 京都大学は2020年2月12日、令和2年度(2020年度)一般入試志願者数および第1段階選抜合格者数を発表した。前期日程の第1段階選抜では、志願者7,347人に対し7,280人が合格し倍率は2.8倍となった。2次試験は2月25日、26日に実施される。

教育・受験 高校生
一般入試志願者数および第1段階選抜合格者数
  • 一般入試志願者数および第1段階選抜合格者数
  • 一般入試志願者数および第1段階選抜合格者数
  • 京都大学
 京都大学は2020年2月12日、令和2年度(2020年度)一般入試志願者数および第1段階選抜合格者数を発表した。前期日程の第1段階選抜では、志願者7,347人に対し7,280人が合格し倍率は2.8倍となった。2次試験は2月25日、26日に実施される。

 入学志願者が募集人員を大幅に上回り、個別学力検査等を適切に実施するのが困難な場合、大学入試センター試験の成績により第1段階選抜(足切り)を行い、その合格者に対して第2次学力試験(一般入試)を行う。

 前期日程合計募集人数2,645人に対し、志願者数は7,347人で、倍率は2.8倍。第1段階選抜を行う学部・専攻をみると、予告倍率は約3.0~3.5倍だった。

 なお、理学部は、大学入試センター試験の5教科7科目の得点(英語は250点満点を200点満点に換算)が、900点満点中630点以上の者を第1段階選抜合格者とする。医学部医学科も同様に900点満点中630点以上の者のうちから、募集人員の約3倍までの者を第1段階選抜合格者とした。

 第1段階選抜の結果、総合人間学部は389人(第1段階選抜3.4倍)、文学部は696人(同3.3倍)、教育学部159人(同2.9倍)、法学部790人(同2.6倍)、経済学部663人(同3.2倍)、理学部732人(同2.4倍)、医学部485人(同2.8倍)、薬学部169人(同2.3倍)、工学部2,503人(同2.7倍)、農学部694人(同2.5倍)が合格し、合計7,280人(同2.8倍)が第1段階選抜を通過した。

 京都大学の令和2年度(2020年度)一般入試前期日程は、2月25日と26日(27日は医学部医学科の面接のみ)に試験を実施し、3月10日に合格発表を行う。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)