【大学受験2020】新型コロナウイルス対策、東京大学が発表

 東京大学は2020年2月13日、2020年度(令和2年度)東京大学入学試験の受験生に向けて新型コロナウイルスなどへの対応について公表した。試験当日のマスクの持参・着用を呼び掛ける一方、追試験などの特別措置は予定していないとしている。

教育・受験 高校生
東京大学「令和2年度東京大学入学試験を受験する皆さんへ ―新型コロナウイルス等への対応について― 」
  • 東京大学「令和2年度東京大学入学試験を受験する皆さんへ ―新型コロナウイルス等への対応について― 」
  • 東京大学
 東京大学は2020年2月13日、2020年度(令和2年度)東京大学入学試験の受験生に向けて新型コロナウイルスなどへの対応について公表した。試験当日のマスクの持参・着用を呼び掛ける一方、追試験などの特別措置は予定していないとしている。

 新型コロナウイルスによる感染症は、2019年12月から中国を中心に発生。日本国内でも新型コロナウイルスに関連した感染症の症例が相次いで報告されており、今後の感染拡大が懸念されている。

 東京大学では2月13日、受験生に向けて「令和2年度東京大学入学試験における新型コロナウイルス等への対応について」と題した文書をWebサイトに掲載。試験前の感染予防から、試験当日の感染予防対策、罹患者への対応などをまとめている。

 試験当日までの感染予防については、「新型コロナウイルス等への感染予防(手洗いやうがいの励行、外出時のマスク着用等)に気を配り、体調管理に努めてください」と記載。試験日近くに発熱や咳などの症状のある受験生には、必ず医療機関で受診し、適切な治療を受けるよう求めている。

 試験当日は、「感染予防のためにできるだけマスクの持参・着用をお願いします」と、受験生に協力を呼び掛けている。試験会場では、手指消毒用アルコール液も準備するという。

 新型コロナウイルスの罹患者については、2月1日に新型コロナウイルス感染症が指定感染症および検疫感染症に指定され、学校保健安全法施行規則が規定する第一種の感染症と見なされることになったことを受け、「本学の入学試験を受験できません」と明記。現時点で、追試験などの特別措置も予定していないとしている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)