【高校受験2020】東京都立高校、国際高校の帰国生対象入試は1.35倍

 東京都教育委員会は2020年2月14日、2020年度(令和2年度)東京都立高等学校入学者選抜受検状況(海外帰国生徒対象および在京外国人生徒対象)を発表した。国際高校では、帰国生対象入試を54人が受検。受検倍率は1.35倍だった。

教育・受験 中学生
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • 海外帰国生徒対象入学者選抜(帰国生徒対象)
  • 在京外国人生徒対象入学者選抜(国際高校)
 東京都教育委員会は2020年2月14日、2020年度(令和2年度)東京都立高等学校入学者選抜受検状況(海外帰国生徒対象および在京外国人生徒対象)を発表した。国際高校では、帰国生対象入試を54人が受検。受検倍率は1.35倍だった。

 東京都立高等学校では、日本国籍を有し、保護者に伴って海外に在住している人または在住していた人で、保護者に伴った外国における連続した在住期間の要件など、一定の応募資格に該当する海外から帰国した生徒を対象に海外帰国生徒対象の入試を実施している。実施校は、三田、竹早、日野台、国際の4校。

 帰国生を対象とした海外帰国生徒対象入学者選抜の受検者数と受検倍率は、三田(普通)が19人受検し1.06倍、竹早(普通)が24人受検し1.85倍、日野台(普通)が8人受検し0.62倍。国際(国際)では、日本人学校出身者が23人受検し1.53倍、外国の学校出身者が31人受検し1.24倍、合わせて54人が受検し1.35倍だった。

 なお、引揚生徒を対象とした海外帰国生徒対象入学者選抜は、深川(普通)、光丘(普通)、冨士森(普通)のいずれも、応募がなかった。

 在京外国人生徒対象の入試とは、外国籍を有し、中学校を卒業する見込みの人、中学校を卒業した人で入国後の在日期間が入学日現在原則として3年以内であるなど、一定の応募資格に該当する在京外国人の生徒を対象とした入試。国際など8校で実施している。

 在京外国人生徒対象入学者選抜における国際高校の受検状況は、募集人員25人に対して男子20人、女子33人、計53人が受検。受検倍率は2.12倍だった。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)