【高校受験2020】宮城県公立高、第1次募集の出願倍率…仙台一1.43倍

 宮城県教育庁は2020年2月20日、宮城県公立高等学校入学者選抜における第一次募集出願状況(確定)を発表した。全日制課程は募集定員1万4,280人に対し、出願者数が1万4,648人、出願倍率が1.03倍。仙台一(普通)1.43倍、仙台二華(普通)1.13倍など。

教育・受験 中学生
第一次募集の出願状況(総括)
  • 第一次募集の出願状況(総括)
  • 学校・学科別出願状況
  • 学校・学科別出願状況
  • 学校・学科別出願状況
 宮城県教育庁は2020年2月20日、宮城県公立高等学校入学者選抜における第一次募集出願状況(確定)を発表した。全日制課程は募集定員1万4,280人に対し、出願者数が1万4,648人、出願倍率が1.03倍。仙台一(普通)1.43倍、仙台二華(普通)1.13倍など。

 宮城県公立高等学校入学者選抜は2020年度より、前期・後期選抜を一本化した「第一次募集」を実施する。出願時は共通選抜・特色選抜の区別なく出願し、最初の選抜方法で合格圏内に入らなかった受験生を対象に、もう一方の選抜方法で判定される。出願できる高校は1人1校とする。

 第一次募集は、2月17日午前9時より2月20日午前11時まで出願を受け付けた。全日制課程は県立65校と市立4校の計69校133学科の募集定員1万4,280人に対し、出願者数は1万4,648人、出願倍率は1.03倍。

 各学校の倍率は、仙台一(普通)1.43倍、仙台二華(普通)1.13倍、仙台三桜(普通)1.30倍、仙台南(普通)1.36倍、仙台東(普通)1.25倍・仙台東(英語)0.85倍、仙台ニ(普通)1.13倍、仙台三(普通)1.25倍、仙台三(理数)1.65倍、宮城一(普通)1.42倍、宮城一(理数)1.41倍など。

 今後、学力検査を3月4日、面接・実技・作文を3月4日の学力検査終了後または3月5日に実施する。第一次募集検査日当日に学力検査または面接等をやむを得ない事由により受験できなかった者に対する追試験は、学力検査を3月10日、面接等を3月10日または3月11日に実施。合格発表は3月16日午後3時に行う。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)