七田式教室×ソニー、今秋よりプログラミングコース順次開講

 しちだ・教育研究所とソニー・グローバルエデュケーションは、プログラミング講座開講に向けた取引基本契約を締結し、全国の七田式教室にて「七田式プログラミングコース」を2020年秋より順次開講する。

教育業界ニュース プログラミング
七田式プログラミングコース
  • 七田式プログラミングコース
  • 授業のようす
  • 授業のようす
 しちだ・教育研究所とソニー・グローバルエデュケーションは、プログラミング講座開講に向けた取引基本契約を締結し、全国の七田式教室にて「七田式プログラミングコース」を2020年秋より順次開講する。

 しちだ・教育研究所は、「七田式プログラミングコース」開講に向けて、オリジナル教材を開発し、プログラミングコースを行う認定講師を養成するための認定講座を新設するなど、幼児教育におけるプログラミング講座にふさわしいカリキュラムと環境を新たに提供。七田式のオリジナル教材に加え、2017年にソニー・グローバルエデュケーションが商品化した、ブロックで自由な「かたち」をつくり、「プログラミング」によってさまざまな動きを与えるロボット・プログラミング学習キット「KOOV」を使用する。

 七田式プログラミングコースでは、「子どもが作りたいものを描き、試行錯誤を通じて実現する」、そのすべてを統合的に育んでいくことが大切だと考え、「イメージワーク」「ロジカルワーク」「クリエイトワーク」の3つの特長的な活動を用意している。

 「イメージワーク」では、身の回りにある身近なモノから、普段あまり見かけない世界中の珍しいモノまで、動画や写真などの画像を活用して紹介し、子どもたちの興味関心を引き出す。「ロジカルワーク」では、講座のために開発された思考力プリントを活用し、思い描いたイメージを実現するための論理的思考力を育む。「クリエイトワーク」では、ブロック組立てやプログラミングを通して、子どものイメージを刺激するテーマに基づいた作品作りに挑戦する。

 年長児を対象とした幼児コースと、小学校1年生から3年生を対象とした小学生コースの2つのコースを開講予定。問合せは、Webサイトにて受け付けている。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)