【高校受験2020】神奈川県公立高校入試、採点結果交付についてリーフレット

 神奈川県教育委員会は2020年2月25日、2020年度(令和2年度)県立高等学校入学者選抜の受検者に向けて、Webサイトに「答案の写し」と「問い別採点結果」の交付に関するリーフレットを掲載した。合格発表時に受け取ることができる。

教育・受験 中学生
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • 神奈川県公立高等学校入学者選抜について
  • リーフレット「県立高校を受検した皆さんへ~答案の写しと採点結果をお渡しします~」
  • リーフレット「県立高校を受検した皆さんへ~答案の写しと採点結果をお渡しします~」
 神奈川県教育委員会は2020年2月25日、2020年度(令和2年度)県立高等学校入学者選抜の受検者に向けて、Webサイトに「答案の写し」と「問い別採点結果」の交付に関するリーフレットを掲載した。合格発表時に受け取ることができる。

 2020年度神奈川県公立高等学校入学者選抜一般募集共通選抜等は、2月14日・17日・18日に検査を実施。神奈川県教育委員会によると、2月14日の学力検査等は全日制の課程(特別募集および中途退学者募集を除く)で4万6,926人、定時制の課程(在県外国人等特別募集を除く)で1,462人、通信制の課程で361人が受検した。

 Webサイトに掲載された「県立高校を受検した皆さんへ~答案の写しと採点結果をお渡しします~」は、2月28日の合格発表日に交付される学力検査の得点と教科別採点結果(「答案の写し」と「問い別採点結果」)についてまとめたもの。合否通知書とは別に用意された封筒に入っており、受検生が採点結果を確認できる。

 リーフレットには、実際に渡される教科別採点結果のイメージを掲載。あわせて「自己情報開示請求」についても説明している。神奈川県では、申し出(請求)により、県立学校を含む県の機関が持っている「自分の個人情報」を見ることが可能。「答案の写し」と「問い別採点結果」以外の入学者選抜に関する情報についても、合格発表日以降に受検した高校に申し出ることで、指定された期日に見ることができる。

 ただし、面接の評価基準や面接者の氏名などは見ることができない。見ることができる情報の例として、記述式問題の問題ごとの採点結果(得点や減点の状況)がある。記述式問題の問題ごとの採点結果についても、リーフレットにイメージが掲載されている。

 実際に申し出る(請求する)場合は、受検した高校に問い合わせること。答案の写しや採点結果の交付など、入学者選抜に関わる制度などについて問合せがある場合は、神奈川県教育委員会まで。市立高校の取扱いについては、それぞれの市教育委員会へ問い合わせる。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)