【家庭学習】自宅受講可能なAI教材「atama+」Web版臨時提供(コロナ対応)

 塾・予備校用AI学習教材「atama+」を提供するatama plusは、生徒が自宅でも受講することが可能となるWeb版を緊急開発し、臨時提供を開始した。新型コロナウイルスの影響により教室での受講ができない場合でも、「atama+」による学習が継続できる。

教育ICT 中学生
「atama+」
  • 「atama+」
  • 「atama+」プロダクト概要
 塾・予備校用AI学習教材「atama+」を提供するatama plusは、生徒が自宅でも受講することが可能となるWeb版を緊急開発し、臨時提供を開始した。新型コロナウイルスの影響により教室での受講ができない場合でも、「atama+」による学習が継続できる。

 「atama+」は、AIを活用した中高生向けラーニングシステム。生徒ひとりひとりの理解度・学習履歴・ミスの傾向・その日の集中度などをAIが分析し、生徒専用のカリキュラムを自動作成することで学習を効率化する。塾・予備校でのみ受講可能で、採用教室数は500教室以上。大手塾の3割が利用しているという。

 今回、新型コロナウイルスの影響により、生徒が塾・予備校での学習を継続することが難しくなる可能性が高まっていることから、atama plusは「atama+」のWeb版プロダクトを緊急開発。通常は塾・予備校内のタブレットでのみ利用できるアプリ版と同様の学習を、自宅のパソコンやタブレットなどのブラウザ上で継続することを可能にした。

 塾・予備校においては、講師向けに提供しているアプリ「atama+ COACH」により、生徒の自宅における学習状況もリアルタイムに把握し、遠隔でコーチングを実施することができる。

 すでに導入塾・予備校への臨時提供を開始しており、提供期間は今後の新型コロナウイルスの状況を鑑みて決定する。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)