東洋大、生命科学部などを朝霞キャンパスに移転2024年4月

 東洋大学は、2024年4月に「生命科学部 全学科」「食環境科学部 食環境科学科フードサイエンス専攻・健康栄養学科」「理工学部 生体医工学科」などを埼玉県の朝霞キャンパスへ移転すると発表した。

教育・受験 高校生
東洋大学
  • 東洋大学
  • 2024年4月に移転する学部・研究科
 東洋大学は、2024年4月に「生命科学部 全学科」「食環境科学部 食環境科学科フードサイエンス専攻・健康栄養学科」「理工学部 生体医工学科」などを埼玉県の朝霞キャンパスへ移転すると発表した。

 朝霞キャンパスへ移転するのは、板倉キャンパスの「生命科学部 全学科(生命科学科・応用生物科学科)」「食環境科学部 食環境科学科フードサイエンス専攻・健康栄養学科」「生命科学研究科」「食環境科学研究科」、川越キャンパスの「理工学部 生体医工学科」「理工学研究科 生体医工学専攻」。

 また、板倉キャンパスの「食環境科学部 食環境科学科スポーツ・食品機能専攻」は赤羽台キャンパスへ移転する。

 今回の移転は、「板倉キャンパスと川越キャンパスに分散している生命分野に関する学部・学科の統合」や、「食分野に関する施設設備を充実させ、フードデータサイエンス分野を加えて『食』に関する総合的な拠点形成」が目的。キャンパスの移転により、時代のニーズに沿った学部の統合と連携強化などを行い、社会の期待に応えるという。

 移転時期は2024年4月。東洋大学は、板倉キャンパスのある群馬県板倉町と館林市とも引き続き、連携の強化に努めるとしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)