東京オリンピックの新日程決定、21年7月23日開幕

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて史上初の延期が決まった東京オリンピック・パラリンピックについて、東京2020組織委員会などは新しい開催日程を発表した。オリンピック競技大会は2021年7月23日~8月8日、パラリンピック競技大会は2021年8月24日~9月5日に開催する。

生活・健康 その他
東京2020オリンピック競技大会
  • 東京2020オリンピック競技大会
  • 東京2020パラリンピック競技大会
  • 東京都オリンピック・パラリンピック準備局
 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて史上初の延期が決まった東京オリンピック・パラリンピックについて、東京2020組織委員会などは新しい開催日程を発表した。オリンピック競技大会は2021年7月23日~8月8日、パラリンピック競技大会は2021年8月24日~9月5日に開催する。

 国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)、東京2020組織委員会、東京都、日本国政府が2020年3月30日、2021年に開催されるオリンピック・パラリンピック大会の新日程に合意した。

 新しい開催日程は、オリンピック競技大会が2021年7月23日~8月8日、パラリンピック競技大会が2021年8月24日~9月5日。当初2020年に予定されていた日程のちょうど1年後にあたり、IOCなどは「国際競技イベントの日程にもたらす混乱を最小限に抑えることができ、選手やIF(国際競技連盟)の利益にも沿うもの」と説明している。

 新日程の決定は、「選手とすべての関係者の健康を守り、新型コロナウイルス感染症の封じ込めを行う」「選手の利益やオリンピック競技の価値を守る」「世界的な国際競技日程」という3点の主要な考慮に基づいて行われ、すべてのIFと各オリンピック委員会(NOC)に支持されたという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)