MOP、「Zoom」録画映像データ対応の学びの映像制作サービス

 メディアオーパスプラス(MOP)は2020年3月31日、ビデオ会議・ビデオウェビナーソリューション「Zoom」で録画した映像データをもとに、高品質な学びの映像を制作するサービス「Media Opus Contents+ for Zoom」を提供開始する。

教育業界ニュース 教材・サービス
編集後映像例
  • 編集後映像例
  • 編集前映像例
 メディアオーパスプラス(MOP)は2020年3月31日、ビデオ会議・ビデオウェビナーソリューション「Zoom」で録画した映像データをもとに、高品質な学びの映像を制作するサービス「Media Opus Contents+ for Zoom」を提供開始する。

 MOPは、「Media Opus Contents+」として、学習塾・学校・出版社・一般企業が行っている講義・講演や企業研修、技能教育のほか、採用・研修時の先輩・ベテランのインタビューなどの映像化に特化した学びの映像制作を提供している。この度、ビデオ会議システム「Zoom」の録画映像データに対応した映像制作サービスを提供開始する。

 対象は、セミナー・学会主催者、研修担当者、就職説明会ならびに講義、オリエンテーションのオンライン化を検討している企業・教育機関関係者など。ビデオ会議、ビデオウェビナーに参加できなかった人へのフォローアップやユニバーサル対応、より多くのユーザーへの限定公開、一般公開に適しているという。

 録画映像にオリジナルテンプレートとジングルを組み合わせることで、洗練された映像に仕上げることが可能。スライドや配布資料との合成や強調表示のほか、無音や不用意な発言、不適切なシーンなどのカット、著作権処理や企業秘密の関係でより多くのユーザーへの配信では表示できない図表、文章、映り込みなどには、モザイク処理や塗り潰し処理も可能。さらに、正しい字幕の付与や多言語対応、手話などの追加もできる。

 提供価格は、「Media Opus Contents+」に準ずる。参考価格は60分のビデオ会議、ビデオウェビナーの場合、映像編集(弁士とスライド合成)が3万円、スマート字幕(日本語字幕付与)が10分4,500円(いずれも税別)。ただし、多言語対応、手話などの追加は個別見積もり、撮影が必要な場合の仕様設計費は別途必要。スマート字幕の利用にはICレコーダーで音声を別途収録し、別途「単一指向性を持ったマイクで録音した明瞭な音声データ」が必要。映像仕様によって料金が異なるため、個別見積もりとなる。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)