【休校支援】電子版「英語は楽しく使うもの」無料公開5/6まで

 朝日出版社は、新型コロナウイルス感染拡大で多くの学校が休校となっていることから、「英語は楽しく使うもの<2020完全版> 無料サイトを活用する最新英語習得法」の電子版を無料公開している。

教育ICT 高校生
英語は楽しく使うもの<2020完全版> 無料サイトを活用する最新英語習得法
  • 英語は楽しく使うもの<2020完全版> 無料サイトを活用する最新英語習得法
  • 朝日出版社
 朝日出版社は、新型コロナウイルス感染拡大で多くの学校が休校となっていることから、「英語は楽しく使うもの<2020完全版> 無料サイトを活用する最新英語習得法」の電子版を無料公開している。

 「英語は楽しく使うもの」の著者である松本青也氏は、長きにわたり大学での英語教育に従事してきた。2006年に書籍版「英語は楽しく使うもの」を刊行。世界中のWebサイトから英語学習に役立つものを厳選し、解説付きで紹介している。刊行以来、年度ごとに電子書籍版で最新情報を更新している。

 今回、新型コロナウイルス感染拡大で多くの学校が休校となっている状況に際し、家から外に出ることができない人たちに活用してほしいという著者の意向から、朝日出版社は2020年5月6日までの期間限定で「英語は楽しく使うもの<2020完全版> 無料サイトを活用する最新英語習得法」の電子書籍を無料公開することを決定した。

 電子書籍なのでリンク機能が付いており、見出しをクリックするだけでそのWebサイトを見ることができる。ひとりひとりに合った学習法を見つけられるよう、各Webサイトの紹介にはパソコン用/スマートフォン専用の区別や、難易度が分けられているといった工夫がされている。

 単に英語のWebサイトの紹介だけでなく、inputやoutputなどの理論的背景から、英語の4技能(リスニング・リーディング・スピーキング・ライティング)能力をいかに伸ばすかについてわかりやすく説明している。また、英語の先生向けに授業に役立つWebサイトも取りあげている。

 4月7日時点で、アマゾンのkindleで無料配信を実施している。ほかの電子書店でも随時公開していくという。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)