厚労省、特別相談窓口設置…コロナ影響で内定取消しや入職時期の繰下げ

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大をめぐる新卒者の採用内定取消しなどの状況を踏まえ、厚生労働省は4月13日から、全国56か所に設置している新卒応援ハローワークに、内定取消し・入職時期の繰下げにあった学生などのための「新卒者内定取消等特別相談窓口」を設置した。

教育・受験 その他
新卒者内定取消等特別相談窓口リーフレット
  • 新卒者内定取消等特別相談窓口リーフレット
 新型コロナウイルス感染症の感染拡大をめぐる新卒者の採用内定取消しなどの状況を踏まえ、厚生労働省は2020年4月13日から、全国56か所に設置している新卒応援ハローワークに、内定取消し・入職時期の繰下げにあった学生などのための「新卒者内定取消等特別相談窓口」を設置した。

 特別相談窓口での支援内容としては、内定が取り消されてしまいそうなときの内定取消し回避に向けて企業へ働きかけを行うこと、内定が取り消されてしまったときは個別の支援によって早期に新たな就職先を決定できるよう支援すること、就職活動に自信・意欲をなくしてしまったときは、臨床心理士などの支援により心理的なサポートや再度の就職活動に向け、本人の状況や希望を丁寧にうかがいながら支援することの3点をあげている。

 来所をしなくても電話での相談が可能。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、まずは連絡をすることを呼び掛けている。卒業後でも利用でき、最寄りのハローワークでも相談を受け付けている。

◆新卒者内定取消等特別相談窓口
相談窓口の設置日:2020年4月13日(月)
相談窓口の設置個所:新卒応援ハローワーク(全国56か所)
《田口さとみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)