休校中の悩み相談、大阪府・大阪市がLINEで応対

 大阪府は、新型コロナウイルス感染症対策のため、府内全域の学校を臨時休校していることから、2020年4月15日からLINEを活用した教育相談の実施日を拡充することを発表した。また、大阪市は4月16日からLINEによる相談窓口を設置し、休校中の不安や悩み相談を受け付ける。

生活・健康 小学生
大阪府
  • 大阪府
  • LINE相談窓口 利用案内(一部)
 大阪府は、新型コロナウイルス感染症対策のため、府内全域の学校を臨時休校していることから、2020年4月15日からLINEを活用した教育相談の実施日を拡充することを発表した。また、大阪市は4月16日からLINEによる相談窓口を設置し、休校中の不安や悩み相談を受け付ける。

 大阪府のLINEを活用した教育相談は、府内の公立(政令市立を除く)・私立すべての小学校、中学校、高等学校および支援学校に通学する児童生徒約67万人が対象。実施日は5月7日までの土曜日、日曜日を除く毎日。ゴールデンウイーク中の4月29日、5月4日、5日、6日を含む。5月8日以降は、毎週月曜日に実施する。当初は、毎週月曜と一部決められた日程だったが、長期休校に伴うさまざまな不安や悩みを持つ子どもへの支援を図るため、実施日を拡充した。

 相談時間は、午後5時から午後9時(相談受付は午後8時30分まで)。児童生徒は、学校に掲示しているポスターや、学校から配付されたカードに掲載のQRコードから、専用のLINEアカウントを登録。相談日時・注意点などを自動応答で受信し相談を開始する。児童生徒からの相談に対し、継続的な対応が必要な場合は、教育センターの「すこやか教育相談」や「24時間子供SOSダイヤル」など、ほかの相談機関を紹介。相談内容など、プライバシーは厳守する。

 また、大阪市教育委員会も小学生と中学生、高校生を対象にしたLINEを利用した相談窓口を設置。相談時間はどの日も午後9時まで、ただし、新たな相談の受付けは午後8時30分まで。相談日は、4月16日~5月11日の毎日午後5時から。5月14日~2021年3月25日の毎週木曜日午後5時から。8月22日~24日の毎日午後1時から。8月25日~28日の毎日午後5時から。2021年1月5日~7日の毎日午後1時から。1月8日~11日の毎日午後5時から。

 学校で配付された二次元コードをLINEアプリで読み取り、相談窓口用アカウントを友だち追加する。学校で配付された二次元コードがわからない場合は、学校に聞くか、教育委員会事務局生活指導グループまでメールで連絡する。相談窓口用アカウントに、相談できる期間中にトークでメッセージを送ると、専門機関(関西カウンセリングセンター)のカウンセラーが対応する。名前を言わなくても相談に乗るが、身体や命に危険があるときなど緊急の場合は、名前や学校名を聞くこともあるという。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)