新型コロナ影響、トビタテ!留学JAPANが採用中止

 文部科学省は2020年4月17日、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を踏まえ、「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」の高校生コース第6期と大学生等コース第13期の採用手続き中止を決定。今後の予定は7月ごろを目途に改めて公表する。

教育・受験 高校生
文部科学省
  • 文部科学省
  • 「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」中止となる採用手続き
  • 【FAQ】2020年度日本代表プログラムの採用手続き中止について(一部)
 文部科学省は2020年4月17日、新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大を踏まえ、「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム~」の高校生コース第6期と大学生等コース第13期の採用手続き中止を決定。今後の予定は7月ごろを目途に改めて公表する。

 当初予定していた採用手続きで中止となるのは、高校生コース第6期(新高校1年生のみ4月21日に募集締切、そのほかは募集締切済)と大学生等コース第13期(募集締切済)。地域人材コースにおいても、同様に中止となる。3月に公表された大学生等コース第13期の応募状況によると、1,568人の学生が応募していた。

 文部科学省は今回の中止の判断について、外務省より3月31日に全世界を対象に「感染症危険情報レベル3」または「感染症危険レベル2」が発出され、4月7日には7都府県を対象とした「緊急事態宣言」が発出されるなど、新型コロナウイルス感染症が世界的に拡大している中、留学希望者の留学計画が円滑に遂行されることが困難と考えられること、派遣留学生の派遣先での十分な安全確保が見込めないこと、当初予定していた採用手続きの実施が現状では困難であることなどを考慮し、やむを得ず判断に至ったと説明。

 今後の予定については、新たな募集などの実施の可能性を含め、今後さらに検討し、7月ごろを目途に改めて公表するという。地域人材コースのプログラム別の取扱いについては、各地域協議会まで問い合わせること。

 トビタテ!留学JAPANのWebサイトでは、今回の中止に関するQ&Aを掲載。たとえば「新たな募集等を実施する場合、今回の応募者はどのように取り扱われることとなるのですか。書類提出免除など何らかの優遇措置等が設けられるのですか」という質問には、募集などを実施する場合の具体的内容については現時点では決まっていないとしつつ、仮に新たな募集を行う場合でも、留学時期や留学先機関などについて改めて検討したうえで、新たな留学計画として申請する必要があるとの考えを示した。

 そのほか、文部科学省Webサイトにて、「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」に応募・準備していた学生に対する文部科学大臣メッセージを掲載している。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)