あしなが学生募金、街頭募金の代わりにクラウドファンディング

 あしなが育英会とあしなが学生募金事務局は2020年5月26日、新型コロナウイルスの影響により中止している街頭募金の代わりにクラウドファンディングで募金活動を行うことを発表した。GoodMorningのWebサイト上に特設ページが開設されている。

生活・健康 その他
あしなが育英会
  • あしなが育英会
  • Ashinaga Global 100 Challenge
 あしなが育英会とあしなが学生募金事務局は2020年5月26日、新型コロナウイルスの影響により中止している街頭募金の代わりにクラウドファンディングで募金活動を行うことを発表した。GoodMorningのWebサイト上に特設ページが開設されている。

 新型コロナウイルスの感染リスクを考慮し、あしなが育英会とあしなが学生募金事務局は2月より「あしなが学生募金」を全面中止している。街頭募金の機会が突然失われた学生たちは、多くの人たちからの支援の重みや温かさを実感し、感謝の言葉を直接伝えられる場をなくし、悲しみと悔しさを抱いていたという。

 そんな学生たちの強い思いを受け、社会問題解決に特化したクラウドファンディングサービスを提供するGoodMorningの協力のもと、新しい形の募金活動に取り組むことを決定した。あしなが育英会が推進する世界規模でのファンドレイジングキャンペーン「Ashinaga Global 100 Challenge」の一環として行われる。

 GoodMorningのWebサイト上には、「Ashinaga Global 100 Challenge」の特設ページが開設され、あしなが育英会への寄付を募集しているページをまとめて紹介している。キャンペーン開始時は、学生募金事務局のリーダー10名とあしなが育成会がそれぞれクラウドファンディングページを作成。順次、全国の学生たちのページが追加されていく予定だ。

 インターネットを通じて学生たちが寄付を呼びかける活動は、あしなが育英会とあしなが学生募金にとって初めての試み。「不安を抱えている遺児たちの力になりたい。街頭に立つことはできなくても、ネット上で立ち上がって遺児支援を呼びかけよう」という学生たちの思いをたくさんの人に知ってほしいという。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)