伊藤塾「司法試験保護者ガイダンス」YouTubeライブにて6/13配信、登録制

 試験制度など司法試験を取り巻く環境は少しずつ変化をしている。高い合格実績を誇る伊藤塾では、2020年6月13日にオンラインにて「司法試験保護者ガイダンス」を実施する。事前登録制、参加費は無料。

教育・受験 高校生
過去のガイダンスのようす
  • 過去のガイダンスのようす
 試験制度など司法試験を取り巻く環境は少しずつ変化をしている。こうした状況の中、本人も保護者も安心して司法試験のための学習を始められるよう、高い合格実績を誇る伊藤塾では、2020年6月13日にオンラインにて「司法試験保護者ガイダンス」を実施する。事前登録制、参加費は無料

 1995年の開塾以来、多数の法律家・行政官・公務員を輩出してきた伊藤塾。その教育の目的は、単に塾生が国家資格を有することにあるのではなく、合格のその先を見据え、誰もがあらゆる意味において健やかに暮らし、幸せを感じられる世の中に寄与できる人材を送り出すことにある。

 こうした教育の理念は結実し、合格実績の高さとして表れている。2019年の司法試験では、全合格者数1,502名に対し、1,122名が伊藤塾の有料講座の受講生。中でも司法試験の登竜門と呼ばれる予備試験ルートからの司法試験合格者のうち、その80%以上が伊藤塾の有料講座受講生だった。

 その伊藤塾では2020年6月13日午後2時30分より、「司法試験保護者ガイダンス」を実施する。本来は伊藤塾塾生の保護者向けの情報提供だが、将来的に司法試験の受験を考えるお子様をお持ちの保護者などにも開放。より多くの人が視聴できるよう、事前視聴登録制のYouTubeライブにて配信する。司法試験とは何かといった基礎知識から、大学生活と両立しながら試験対策として法律を学ぶ意味について話される。

 ガイダンスでは、伊藤塾の法教育研究所講師によって「これから学習開始を検討される皆さんへ」と称した話を冒頭に、午後3時からは、現役の弁護士で日弁連憲法問題対策本部副本部長であり、伊藤塾塾長である伊藤真氏による「法律家の視点を知る~今知っておきたい憲法の話」の講演を予定。保護者の立場だとわかりにくい、受験生がどのような世界を目指しているのかという点を具体例を交えながら紹介する。

 視聴申込みは当日の午後0時30分まで。なお、過去に開催された保護者ガイダンス参加者からは「司法試験予備試験の重要性、法科大学院選びについて、知らない点が多かったので、大変助かりました。」「ガイダンスでのお話はわかりやすくありがたかったです。」との声が寄せられている。

◆司法試験保護者ガイダンス開催概要
開催日時:2020年6月13日(土)14:30~16:00
対象:高校生・大学生・保護者
参加方法:参加無料、当日12:30までに視聴申込みのこと

司法試験保護者ガイダンス
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)