新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」提供…厚労省

 厚生労働省は2020年6月19日、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を提供開始する。スマートフォンの近接通信機能を利用して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができる。

デジタル生活 その他
新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」
  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」
  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ 利用者向けQ&A
  • 仕組み
 厚生労働省は2020年6月19日、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を提供開始する。スマートフォンの近接通信機能を利用して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができる。アプリの利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待される。

 厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、新型コロナウイルス感染症対策テックチームと連携して、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA(COVID-19 Contact-Confirming Application)」を開発した。

 COCOAは、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いにわからないようプライバシーを確保しながら、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができる。アプリ利用者は、陽性者と接触した可能性がわかることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができる。

 接触の記録は、ほかのスマートフォンとの近接した状態(おおむね1メートル以内で15分以上)を接触として検知。近接した状態の情報は、本人のスマートフォンの中にのみ暗号化して記録され、14日が経過した後に自動的に無効になる。この記録は、端末から外部に出ることはなく、利用者はアプリを削除することで、いつでも任意に記録を削除できる。なお、行政機関や第三者が接触の記録や個人の情報を利用し、収集することはない。GPSなどの位置情報を利用することはなく、記録することもない。

 インストール方法は、App StoreまたはGoogle Playで「接触確認アプリ」と検索してインストールする。最新バージョンは「1.0.0」。動作可能なOSバージョンは、iPhone端末がiOS 13.5以上、Android端末がAndroid 6.0以上。公開日6月19日から1か月間は、試行版(プレビュー版)となる。試行版は、利用状況も参考にしつつ、継続的にデザイン・機能を改善していくために、今後アプリを更新することがあるという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)