栃木県出身学生ら対象「海外留学支援奨学生」募集

 飯塚毅育英会は2020年7月6日から、栃木県内の高等学校または特別支援学校高等部を卒業し大学の3学年次以上または大学院に在学し、将来良識ある社会人・国際人としての活躍が期待できる人を対象に、海外留学支援奨学生の募集を開始する。募集は7月17日まで。

教育・受験 大学生
飯塚毅育英会
  • 飯塚毅育英会
  • 2020年度海外留学支援奨学生募集要項
 飯塚毅育英会は2020年7月6日から、栃木県内の高等学校または特別支援学校高等部を卒業し大学の3学年次以上または大学院に在学し、将来良識ある社会人・国際人としての活躍が期待できる人を対象に、海外留学支援奨学生の募集を開始する。募集は7月17日まで。

 創立25周年を迎える飯塚毅育英会では、学業に優れ、かつ健全な心身と高い志を持ちながらも経済的な支援を必要とする栃木県内の高等学校、または特別支援学校高等部を卒業した大学生および大学院生、ならびに県内の大学に学ぶ外国人留学生に対して奨学金の給付を行ってきた。

 2020年度も、大学奨学生および外国人留学生の募集に加えて、海外留学支援奨学生15名を募集する。年間12名が過去最多のため2020年度の募集は過去最大規模だという。

 奨学生の採用人数は、1995年の設立以来25年間で累計2,328名(海外留学生151名含む)となり、給付額累計は30億円を突破した。

 応募条件は、「栃木県内の高等学校または特別支援学校高等部を卒業した者で大学の3学年次以上または大学院に在学し、将来良識ある社会人・国際人としての活躍が期待できる30歳未満の人」「2020年9月以降から9か月以上、研究を目的として外国の大学に在籍することが決定または内定している人」「外国留学のため経済的援助が必要と認められる人」「大学または大学院での成績が優秀で、在籍する大学の学長または学部長が推薦する人」の4つ。

 給付期間は原則1年(留学を次年度も継続する場合は、さらに1年間の給付延長を申請することができる)。給付額は、大学在学者が年間60万円、大学院修士課程または博士課程1・2年次在学者が年間80万円、大学院博士課程3年次以上在学者が年間100万円。原則として返還不要。

 応募方法は、応募者が指定の応募書類を飯塚毅育英会事務局宛に書留便で送付する。海外留学支援奨学生募集の詳細や応募に必要な書類は、Webサイトで公開している。

◆飯塚毅育英会海外留学支援奨学生募集
募集期間:2020年7月6日(月)~7月17日(金)
対象:栃木県内の高等学校または特別支援学校高等部を卒業し大学の3学年次以上または大学院に在学し、将来良識ある社会人・国際人としての活躍が期待できる人
募集人数:15名
申込方法:応募者が指定の応募書類を飯塚毅育英会事務局宛に書留便で送付
《鈴木あさり》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)