【大学受験2021】九大工学部12学科へ改編…工学府は11専攻

 九州大学は2020年6月22日、2021年度(令和3年度)以降の工学部・工学府の変更予定について公表した。融合基礎工学科と量子物理工学科を新設し、これまでのコース制を改め12学科に改編。工学府も13専攻から11専攻に改編する。

教育・受験 高校生
九州大学工学部
  • 九州大学工学部
  • 学科編成
  • 専攻編成
  • 入学者選抜の枠組み(学科群)と進学できる学科の関係
 九州大学は2020年6月22日、2021年度(令和3年度)以降の工学部・工学府の変更予定について公表した。融合基礎工学科と量子物理工学科を新設し、これまでのコース制を改め12学科に改編。工学府も13専攻から11専攻に改編する。

 九州大学工学部は現行の6学科から、2021年度以降の入学者選抜より電気情報工学科、材料工学科、応用化学科、化学工学科、融合基礎工学科、機械工学科、航空宇宙工学科、量子物理工学科、船舶海洋工学科、地球資源システム工学科、土木工学科、建築学科の12学科に改編する。

 入学者選抜は、一般選抜または総合型選抜で行う予定。一般選抜(前期日程・後期日程)および総合型選抜において、大学入学共通テストで指定する教科・科目は、2020年度(令和2年度)大学入試センター試験と同じ。

 一般選抜は、大学入学共通テストと個別学力検査(前期日程・後期日程)で実施する。募集は、学科ではなく、学科の専門教育で必要な基礎科目が共通である5つの学科群(I~V群)ごとに行う。入学時には所属学科群が未定のVI群の選抜も行うため、計6つの区分で募集する。VI群合格者は、どの学科にも進学できる可能性を持っているが、1年次終了時に志望と入学後の成績によりI~V群に分けられる。

 総合型選抜では、書類審査、大学入学共通テスト、面接(実技を含む)により、志望の動機や高校時代の活動、基礎学力を総合的に評価する。一般選抜とは異なり、学科群ごとではなく学科ごとに選抜。実施方法は学科ごとに異なる。なお、航空宇宙工学科では総合型選抜の募集を行わない。

 九州大学工学系大学院においては、工学府は13専攻から11専攻に改編、システム情報科学府は3専攻から2専攻に改編、総合理工学府は5専攻から1専攻に改編する。詳細は後日、Webサイトに公開される。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)