近畿大学がSlackを導入、本格的なオンライン授業の実現へ

 近畿大学は2020年7月6日より、メッセージプラットフォーム「Slack」を全学生(大学院・短期大学部含む)・教職員、計3万6,801人を対象に導入する。オンライン授業でも活用することで、遠隔教育の質的向上につなげたいという。

教育業界ニュース 教育ICT
近畿大学はメッセージプラットフォーム「Slack」を全学で導入する
  • 近畿大学はメッセージプラットフォーム「Slack」を全学で導入する
 近畿大学は2020年7月6日より、メッセージプラットフォーム「Slack」を全学生(大学院・短期大学部含む)・教職員、計3万6,801人を対象に導入する。オンライン授業でも活用することで、遠隔教育の質的向上につなげたいという。

 近畿大学では業務効率化と仕事の見える化、働き方改革を実践するため、2017年より職員を対象にSlackの導入を段階的に進めてきた。2019年4月には、すべてのキャンパス・拠点の職員に展開し、通常業務や各種プロジェクトにおいてSlackを利用して業務効率化を実現。2019年11月には理工学部情報学科の学生・大学院生を対象に、教育現場に試験導入していた。

リシードで全文を読む
《外岡紘代》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)