「ジブリの“大じゃない”博覧会」7/22-9/3開催決定

スタジオジブリによる展覧会「ジブリの“大じゃない”博覧会」の開催が決定。愛知県美術館ギャラリーにて、7月22日から9月3日までの期間限定で実施される。

趣味・娯楽 その他
「ジブリの“大じゃない”博覧会」マスク湯婆婆(C)TS(C)Studio Ghibli
  • 「ジブリの“大じゃない”博覧会」マスク湯婆婆(C)TS(C)Studio Ghibli
  • 「ジブリの“大じゃない”博覧会」ロゴ(C)TS(C)Studio Ghibli
スタジオジブリによる展覧会「ジブリの“大じゃない”博覧会」の開催が決定。愛知県美術館ギャラリーにて、7月22日から9月3日までの期間限定で実施される。

「ジブリの“大じゃない”博覧会」ロゴ(C)TS(C)Studio Ghibli

本展覧会は、新型コロナウイルスで息詰まる社会に明るい話題を提供するため“愛知限定”で開かれるイベントだ。
2020年冬にNHK総合テレビでの放送を控える長編アニメーション『アーヤと魔女』の主役アーヤをはじめとした登場キャラクターの人形や、2年後に愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で開業する公園施設「ジブリパーク」の建築模型やスケッチなどの未公開資料が展示される。

また、夏の思い出づくりの記念写真コーナーでは、「三鷹の森ジブリ美術館」からネコバスを展示。さらに『天空の城ラピュタ』や『紅の豚』、『ハウルの動く城』、『かぐや姫の物語』などの名場面を背景に記念撮影が可能だ。

そして『千と千尋の神隠し』コーナーでは、巨大な湯婆婆と銭婆のおみくじが登場。宮崎駿監督が選んだ児童文学作品の直筆推薦文コーナーでは、ジブリ作品の根底に流れる児童文学へのまなざしを感じ、名作創造の一端に触れることができる。

「ジブリの“大じゃない”博覧会」は、愛知県美術館ギャラリーにて、2020年7月22日から9月3日までの期間限定で実施。
なお、入場券は三密を避けるため、日時指定入場制となっている。入場券は8月10日までの入場分を7月4日午前10時から、8月12日以降の入場分を7月18日午前10時から、いずれもローソンチケットで販売開始。

<開催概要>
会期:2020年7月22日(水)~9月3日(木)38日間
開催時間:午前10時~午後6時 金曜は午後8時まで(入場は閉場30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
会場:愛知県美術館ギャラリー A・B・H・I [愛知芸術文化センター8 階]
主催:愛知県、中日新聞社
協賛:NTPグループ、JTB、中央工芸、名古屋鉄道、日東工業、丸大食品、ローソンエンタテインメント
企画制作協力:スタジオジブリ
入場券:日時指定入場制

(C)TS(C)Studio Ghibli

「ジブリの“大じゃない”博覧会」緊急開催決定! 新作「アーヤと魔女」やジブリパークの資料など展示

《曙ミネ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)