アルク、未就学児向け英語学習サービス「りすぴこ」開始

 アルクは2020年7月15日、「タブレット学習」と「経験学習」を盛り込んだ、未就学児向けサブスクリプション型英語学習サービス「りすぴこ」の申込受付を開始した。申込みは、りすぴこ公式サイトにて受け付けている。

教育・受験 未就学児
りすぴこ
  • りすぴこ
  • カリキュラムに沿った良質なコンテンツ
  • 子どもにあわせて選べる2コース
  • スターターセット
  • 子どもも保護者も安心して使用できる機能が満載
  • Instagramでの応募
  • Webサイトでの応募
 アルクは2020年7月15日、「タブレット学習」と「経験学習」を盛り込んだ、未就学児向けサブスクリプション型英語学習サービス「りすぴこ」の申込受付を開始した。申込みは、りすぴこ公式サイトにて受け付けている。

 「りすぴこ」は、専用アプリでのタブレット学習と、ARテクノロジーを活用してぬいぐるみと楽しく英会話体験ができる、「学び」と「経験学習」が一体化した、未就学児向けサブスクリプション型の英語学習サービス。音声に対して敏感で、聞こえた音をそのまま真似できる特長があるといわれている幼児期に適したカリキュラム・コンテンツを盛り込んでいる。

 りすぴこアプリでは、「アルファベット」「単語」「会話表現」「歌」「物語」「ARテクノロジーを用いたぬいぐるみとの英会話」など、バラエティー豊かなコンテンツを通して英語を学ぶことができる。また、英語学習の楽しさに加えて達成感も味わうことができるよう、ゲーム要素を学習に取り込むゲーミフィケーションを盛り込んでいる。

 りすぴこアプリにはタイムキーパー機能がついており、子どものタブレットの使い過ぎを防ぐことが可能。保護者向けコーナーでは「学習の記録」も確認でき、子どもの興味関心、毎日学んでいるコンテンツが一目で確認できる。りすぴこアプリに加えて、スターターセットとしてARテクノロジーに対応した「ぬいぐるみ+AR対応カード」、学習の習慣付けにつながる「マグネットセット」も提供する。

 英語学習が初めての子ども向けの「りすぴこOrange」と、英語に触れた経験のある子ども向けの「りすぴこBlue」の2コースを用意。両コースともに、12か月構成のプログラムを用意しており、1か月に1Stageずつ学んでいく。

 対象は3歳から6歳。価格は、「りすぴこOrange」コースが月々1,980円、初月のみ980円+スターターセット5,000円、「りすぴこBlue」コースが月々2,180円、初月のみ980円+スターターセット5,000円(いずれも税別)。

 申込みは、りすぴこ公式サイトにて受け付けている。申込完了後、App Storeからアプリをインストールすると、りすぴこアプリでの学習を開始できる。なお、「スターターセット」は、申込みから通常1週間以内に届けるが、初回の発送は8月17日以降を予定している。

 また、プレゼントキャンペーンにInstagramもしくはWebサイトから応募した者の中から、抽選で計5名に「iPadとApple Pencil」をプレゼント。Instagramでは、アルクキッズ(@alckidspark)をフォローし、キャンペーン対象の投稿に「いいね!」をすることで応募できる。当選者(2名)にはInstagramよりDMを送付する。Webサイトでは、キャンペーンページにアクセスし、応募要項および利用規約を確認のうえアンケートに答え、メールアドレスを登録することで応募できる。当選者(3名)には登録メールアドレスに連絡する。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)