グーグルエンジニアとオンライン交流8月…女子小中学生対象

 子どものためのプログラミング道場「CoderDojo」を推進するCoderDojo Japanは2020年8月5日と7日、CoderDojoに参加している、もしくはプログラミングに興味のある女子小中学生を対象に、Googleのエンジニアと交流する「Mind the Gap オンラインセッション」を開催する。

教育イベント 中学生
CoderDojo Japan
  • CoderDojo Japan
  • スイッチエデュケーション
 子どものためのプログラミング道場「CoderDojo」を推進するCoderDojo Japanは2020年8月5日と7日、CoderDojoに参加している、もしくはプログラミングに興味のある女子小中学生を対象に、Googleのエンジニアと交流する「Mind the Gap オンラインセッション」を開催する。

 CoderDojo Japanはスイッチエデュケーションと共同で、女性がプログラミングを楽しく学べる環境を支援する「Girls Initiative for CoderDojo キャンペーン」を開始。その初回の取組みとして、Googleによる協力のもと開催する「Mind the Gap オンラインセッション」では、Googleの技術部門で働く社員がどういった仕事をしていて、学生のころにはどういった勉強や研究をしていたのか、またCoderDojoがどういった場所なのかを知ることができる。

 参加希望者は申込フォームから申し込むこと。定員は各回50名で、応募者多数の場合は抽選となる場合がある。締切りは7月26日。枠に余裕があれば追加募集する。

 応募者の中から抽選で100名に「プログラミングスターターキット」をGoogleから無償で提供する。内容物は、micro:bit、USBケーブル、micro:bit用ワークショップモジュール、サーボモーターの4つ。Googleとスイッチエデュケーションが公開するチュートリアル動画を活用することで、AIを活用したScratchプログラムを作ることができ、夏休みの自由研究などに活用できる。抽選の結果は発送をもってかえる。

◆Mind the Gap オンラインセッション
日時:2020年8月5日(水)・7日(金)14:00~16:00
対象:女子小中学生
募集人数:各回50名
※応募者多数の場合は抽選となる場合がある
締切:2020年7月26日(日)
※枠に余裕があれば追加募集する
申込方法:申込フォームから申し込む
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)