【大学受験】医学部志願者増加率1位は筑波…倍率1位は?

 河合塾が発信する医学部入試・受験対策情報サイト「河合塾 医進塾」は2020年7月30日、2020年度の国公立大学医学部医学科入試で志願者数増加率が高い上位10校と倍率が高い大学上位10校を発表した。

教育・受験 高校生
医学部志願者数増加率ランキング(国公立大学前期日程)
  • 医学部志願者数増加率ランキング(国公立大学前期日程)
  • 医学部倍率ランキング(国公立大学前期日程)
  • 医学部志願者数増加率ランキング(国公立大学後期日程)
  • 医学部倍率ランキング(国公立大学後期日程)
 河合塾が発信する医学部入試・受験対策情報サイト「河合塾 医進塾」は2020年7月30日、2020年度の国公立大学医学部医学科入試で志願者数増加率が高い上位10校と倍率が高い大学上位10校を発表した。志願者数増加率は、筑波大学(前期・地域枠)が前年比204%でもっとも高かった。

 医学部志願者数増加率ランキングは、2020年度の国公立大学医学部医学科入試で志願者数増加率が高い上位10校を前期日程と後期日程に分けて集計したもの。前期日程は、1位「筑波大学(地域枠、全国+茨城)」前年比204%、2位「秋田大学」同182%、3位「山口大学」同161%、4位「高知大学(一般枠)」同159%、5位「岐阜大学」同152%。後期日程は「福井大学」が前年比156%でトップとなった。

 一方、医学部倍率ランキングは、2020年度の国公立大学医学部医学科入試で倍率が高い大学上位10校を前期日程と後期日程に分けて集計したもの。前期日程は、1位「高知大学(地域枠)」12.5倍、2位「岐阜大学」11.1%、3位「浜松医科大学(地域枠)」8.6倍、4位「愛媛大学」7.7倍、5位「奈良県立医科大学」7.4倍。後期日程は「浜松医科大学(地域枠)」が24.0倍でもっとも倍率が高かった。

 河合塾 医進塾はこのほか、2021年4月入学予定者向けの医学部入試情報として、2021年度の医学部入試変更点や、2020年度入試結果分析、偏差値一覧、ボーダーライン一覧なども掲載している。一部、閲覧に会員登録(無料)が必要な情報もある。

◆医学部志願者数増加率ランキング(国公立大学前期日程)%は前年比
1位「筑波大学(地域枠、全国+茨城)」204%
2位「秋田大学」182%
3位「山口大学」161%
4位「高知大学(一般枠)」159%
5位「岐阜大学」152%
6位「愛媛大学」134%
7位「金沢大学」129%
8位「島根大学」(一般枠+県内枠)122%
9位「大阪大学」121%
10位「北海道大学」「福井大学」119%

◆医学部倍率ランキング(国公立大学前期日程)
1位「高知大学(地域枠)」12.5倍
2位「岐阜大学」11.1%
3位「浜松医科大学(地域枠)」8.6倍
4位「愛媛大学」7.7倍
5位「奈良県立医科大学」7.4倍
6位「秋田大学」6.62倍
7位「島根大学(一般枠+県内枠)」6.57倍
8位「高知大学(一般枠)」6.1倍
9位「旭川医科大学」5.9倍
10位「千葉大学(千葉県枠)」5.7倍
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)