ソニー、先端技術を活用したピアノ教育プログラム展開

 ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)は2020年8月1日より、10代のピアニストを対象とした身体教育と芸術教育を包括的に提供するアカデミープログラムを展開する。

教育業界ニュース その他
持続可能な音楽表現の進化
  • 持続可能な音楽表現の進化
 ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)は2020年8月1日より、10代のピアニストを対象とした身体教育と芸術教育を包括的に提供するアカデミープログラムを展開する。

 10代のピアニストを対象としたアカデミープログラムは、音楽芸術活動に携わるアーティストの成長を支援する「ミュージック・エクセレンス・プロジェクト」の初の取組みとして実施。ピアニストが練習過程で身体を痛めたり、心理不安を発症し、音楽家として演奏活動の継続が困難となったりするような心身の課題から早期に解放されて、音楽表現の探求に専念できるようにすることを目的に、「身体教育」と「芸術教育」をあわせて実施する。

リシードで全文を読む
《桑田あや》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)