小学校の教科化にも対応、人気シリーズ最新刊「小学 うんこ英単語1500」発売

 文響社は、うんこドリルシリーズから「小学 うんこ英単語1500」を2020年8月12日に発売する。小学校での英語の教科化への対策として、英語の基礎づくりができる内容だ。400ページ・1,250円(税抜)。

趣味・娯楽 小学生
小学校での教科化にも対応、人気シリーズ最新刊「小学 うんこ英単語1500」発売
  • 小学校での教科化にも対応、人気シリーズ最新刊「小学 うんこ英単語1500」発売
  • 小学校での教科化にも対応、人気シリーズ最新刊「小学 うんこ英単語1500」発売
  • 小学校での教科化にも対応、人気シリーズ最新刊「小学 うんこ英単語1500」発売
  • 小学校での教科化にも対応、人気シリーズ最新刊「小学 うんこ英単語1500」発売
 文響社は、うんこドリルシリーズから「小学 うんこ英単語1500」を2020年8月12日に発売した。小学校での英語の教科化への対策として、英語の基礎づくりができる内容だ。400ページ・1,250円(税抜)。

 2017年3月に第1弾の「うんこ漢字ドリル」を発売後、約1か月半で100万部の発行となった人気シリーズ。現在、シリーズ累計発行800万部を突破。

 今回発売した「小学 うんこ英単語1500」では、主に英検3・4・5級レベルの英単語・熟語を1,500語収録。2020年度から始まった小学校での英語の教科化への対策として活用できる。

 今回も前作までと同様、学習の例文に「うんこ」を取り入れ、例文そのものを楽しみながら、記憶定着につなげる工夫が施されている。英語でうんこは「poop」と言うが、あえて「unko」に統一して例文を作成しているとのこと。

 また発音練習までカバーできるよう、動画も収録。ページ右上にあるQRコードを読み込むと、ネイティブスピーカーによる単語の発音を動画で確認することができる。場所やシーンを選ばずに持ち歩き、繰り返し学習できるように、カバーを2種類のリバーシブルにするなど遊び心も満載。

 小学生向けの英語の学習参考書「小学 うんこ英単語1500」は、各A6判・400ページ、1,250円(税抜)。
《野口雅乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)