「早稲田祭2020」初のオンライン開催11/7-8

 早稲田大学の学生主催による「早稲田祭2020」は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、2020年11月7日~8日にオンライン開催を決定した。早稲田大学と協議を進め、例年の早稲田祭の規模の大きさや来場者数を鑑みて早稲田祭の長い歴史において初めてのオンライン開催となる。

教育・受験 大学生
早稲田祭2020
  • 早稲田祭2020
  • 早稲田祭2020運営スタッフ
 早稲田大学の学生主催による「早稲田祭2020」は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、2020年11月7日~8日にオンライン開催を決定した。早稲田大学と協議を進め、例年の早稲田祭の規模の大きさや来場者数を鑑みて早稲田祭の長い歴史において初めてのオンライン開催となる。

 早稲田祭2020のキャッチコピーは「今、新たに」。早稲田祭2020は例年通りの早稲田祭の代替を目指すのではなく、日本一の学園祭として、オンラインだからこそ挑戦できる「新たな」早稲田祭を創り上げていく。早稲田祭2020運営スタッフの福島陽代表は、早稲田祭は早大生の熱と熱がぶつかり、伝わり、また新たな一歩を踏み出す活力が行き交う唯一無二の日本一の学園祭として、「我慢ばかりの『今』、『新た』な早稲田祭を、必ず創り上げます」とコメントしている。

 早稲田祭当日は、メインの配信プラットフォームである早稲田祭2020公式サイトから各企画の配信ページに移ることで各企画を視聴できる。公式サイトには企画検索や企画紹介など、早稲田祭を初めて見る人にも楽しめるような機能も実装する。配信媒体は、YouTubeのストリーミング配信サービスやZoomを活用した参加型の生配信を予定している。大学構内の大型屋内施設を用いて企画を実施し、各企画の特性に合わせた最適な方法での配信を行う。

◆早稲田祭2020
日時:2020年11月7日(土)~8日(日)
参加方法:YouTubeやZoomを活用
公開場所:早稲田祭2020公式サイト
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)