MFT2020、中高生の成果発表も…会場&オンライン10/3-4

 オライリー・ジャパンは2020年10月3日と4日の2日間、「Maker Faire Tokyo 2020(MFT2020)」を開催する。今回はベネッセコーポレーションが協賛し、中高生が取り組んだ探求学習・ものづくりの成果を発表する「School Maker Faire」も実施する。

趣味・娯楽 その他
Maker Faire Tokyo 2020(MFT2020)
  • Maker Faire Tokyo 2020(MFT2020)
  • School Maker Faire
 オライリー・ジャパンは2020年10月3日と4日の2日間、「Maker Faire Tokyo 2020(MFT2020)」を開催する。今回はベネッセコーポレーションが協賛し、中高生が取り組んだ探求学習・ものづくりの成果を発表する「School Maker Faire」も実施する。

 Maker Faireは、世界各地で開かれているDIYの展示発表会。日本最大のMaker Faireは、東京ビッグサイトで年に1回開催されている「Maker Faire Tokyo」で、2019年は350組が出展、約2万2,000人が来場したという。2020年の「Maker Faire Tokyo」も東京ビッグサイトで10月3日と4日に開催するが、新型コロナウイルス対策のために開場時間を短縮。会場とオンラインでの併催で開催する。

 MFT2020にはベネッセコーポレーションが協賛。オライリー・ジャパンのライセンスのもと、ベネッセコーポレーションが主催して、中高生が取り組んだ探求学習・ものづくりの成果を発表する「School Maker Faire」も会場とオンラインで実施する。ベネッセのTwitterアカウントでは当日のようすを随時配信。中高生の作品も紹介する。

 また、10月4日午後2時半からは、YouTube Liveで「若きMakerたちの制作発表会」を開催。中高生が展示作品の工夫や制作秘話などをプレゼンテーションする。出展予定校は、青山学院高等学部、広尾学園高等学校など。年が近いお兄さん・お姉さんが最新テクノロジーを生かして試行錯誤した作品に触れることで、子どもの興味・関心が膨らむという。

 MFT2020は入場日時指定制のチケットのみ発売する。前売券は大人1,000円、18歳以下500円。入場チケット購入者は、Webサイトの「Maker Faire Tokyo 2020来場者情報登録フォーム」から、氏名、携帯電話番号、メールアドレスを登録する。「School Maker Faire」は、「Maker Faire Tokyo」の入場料のみで楽しむことができる。

◆Maker Faire Tokyo 2020
日時:
・2020年10月3日(土)12:00~17:00
・2020年10月4日(日)10:00~16:00
会場:東京ビッグサイト 西4ホール(東京都江東区有明3-11-1)
入場料:大人1,000円、18歳以下500円
※入場日時指定制のチケットのみ発売
※入場チケット購入後、Webサイトの「Maker Faire Tokyo 2020来場者情報登録フォーム」から、氏名、携帯電話番号、メールアドレスを登録する

◆YouTube Live「若きMakerたちの制作発表会」
日時:2020年10月4日(日)14:30~15:20
出展予定校:
・青山学院高等部
・金沢大学附属高等学校
・工学院大学附属中学校高等学校
・宮城県立仙台第三高等学校
・戸田市立戸田東小学校(卒業生)
・広尾学園高等学校
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)