高校生エンジニア体験、参加校募集…ソニー教育財団

 ソニー教育財団は、第3回「エンジニア体験プログラム」の参加校を募集している。対象は、日本国内の高等学校・高等専門学校。応募はWebサイトの応募フォームにて受け付けている。応募締切は2020年11月27日午後6時。参加費は無料。

教育イベント 高校生
自律型エンタテインメントロボット“aibo(アイボ)”
  • 自律型エンタテインメントロボット“aibo(アイボ)”
  • 高校生のエンジニア体験
 ソニー教育財団は、第3回「エンジニア体験プログラム」の参加校を募集している。対象は、日本国内の高等学校・高等専門学校。応募はWebサイトの応募フォームにて受け付けている。応募締切は2020年11月27日午後6時。参加費は無料。

 2020年度のエンジニア体験プログラムは、指導や成果発表などすべてのイベントをMicrosoft Teamsを使ったオンラインで実施。4名で1つのチームを作り、自律型エンタテインメントロボット“aibo(アイボ)”のオリジナルの動きを実現するアプリケーションの企画・開発の一連の流れを体験する。12月17日にキックオフ、12月17日から2021年1月26日に生徒によるアプリケーション開発期間を設け、1月27日に成果物についての発表を行う。

 約1か月間の開発期間には、aiboとアプリケーション開発に必要な環境を無償で貸与。ソニーのaibo開発チームが指導・助言を担当する。生徒が作成したアプリケーションの中で、aiboが私たちの生活に喜びや感動を与えるようなアプリケーションは、ソニーの承認のもと、一般のaiboオーナーにも提供する予定だという。

 対象は、日本国内の高等学校・高等専門学校。6校を募集しており、応募多数の場合は抽選となる。1校あたり1チーム4名と代表の先生1名。なお、全員である必要はないが、メンバーの中にはHTMLやPythonなどの初歩的なコードを理解する生徒の参加が必要。

 参加費は無料。応募はWebサイトにて、11月27日午後6時まで受け付けている。募集要項など詳細はWebサイトで確認できる。

◆第3回「エンジニア体験プログラム」
募集期間:2020年10月19日(月)~11月27日(金)18:00
募集校数:日本国内の高等学校・高等専門学校より6校
※応募多数の場合は抽選となる
対象者:1校あたり1チーム4名と代表の先生1名(生徒参加者総数24名)
イベント開発日・開発期間(すべてオンラインで実施):
・<参加必須>キックオフ(オリエンテーション、開発手順説明など)
2020年12月17日(木)15:30~18:00
・生徒によるアプリケーション開発期間
2020年12月17日(木)~2021年1月26日(火)
※この期間に各校で開発チームに質疑や助言を求める機会を設ける(日程は個別に調整)
・<参加必須>プレゼンテーション(成果物についての発表、講評)
2021年1月27日(水)16:00~18:30
※動画とプレゼンテーションスライドでアプリケーションやaiboの動作について説明する
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)