【大学受験2021】全国大学医学部入試変更点<国公立>まとめ

 医系予備校のメディカルラボより、全国の2021年度の大学医学部の入試の変更点の一覧を入手した。一覧と合わせ、変更点のポイントについて紹介する。

教育・受験 高校生
2021年度 国公立医学部 入試変更点 1
  • 2021年度 国公立医学部 入試変更点 1
  • 2021年度 国公立医学部 入試変更点 2
 入試本番が徐々に近づいてきている。大学入試改革初年度となる今回の入試では、出願の要件にも前年度(2020年度)との変更点が目立つ。

 リセマムでは、医系予備校のメディカルラボより全国の2021年度の大学医学部の入試の変更点の一覧を入手した。一覧と合わせ、変更点のポイントについて紹介する。

変更点は多岐にわたる



 変更点をみてみると、募集人員数のほか、試験科目についての変更が目立つ印象だ。たとえば、弘前大では昨年度まで2次科目が「英語、数学、面接」だったものが、英語・数学を総合問題に変更。京都大学は特色入試の選抜方法で共通テストを課す選抜とし、小論文を口頭試問に変更している。金沢大も京都大と同じく前期試験の2次科目の面接が口述試験に変更された。京都府立医科大は、学校推薦型試験と前期試験の二次科目に小論文が追加。大阪大前期の2次科目の面接は複数回実施される可能性があるとしている。

2021年度 国公立医学部 入試変更点 1
2021年度 国公立医学部 入試変更点 1

 このほか今年度より東京大、滋賀医科大が前期の共通テスト科目でリスニングの成績を利用するとしている。名古屋大では前期2次科目の外国語が英語のみに。また、2段階選抜を実施しないとした大学もあり、弘前大の総合II型、名古屋大の後期で発表。香川大、愛媛大は後期日程の試験そのものを廃止するとしている。

2021年度 国公立医学部 入試変更点 2
2021年度 国公立医学部 入試変更点 2

 ほかにも変更点は多くある。受験生は自分の志望する大学で入試変更点がないかいま一度確かめ、本番に備えてほしい。
《鶴田雅美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)