報酬50万円支給型起業インターンシップ募集…ガイアックス

 ガイアックスは、若年層が起業に専念できる報酬50万円支給型起業インターンシップ「STARTUP challenge 2021(スタートアップ・チャレンジ2021)」を開催する。募集期間は2020年11月1日~2021年2月21日。

教育イベント 中学生
STARTUP challenge 2021
  • STARTUP challenge 2021
  • ガイアックス
 ガイアックスは、若年層が起業に専念できる報酬50万円支給型起業インターンシップ「STARTUP challenge 2021(スタートアップ・チャレンジ2021)」を開催する。募集期間は2020年11月1日~2021年2月21日。

 「STARTUP challenge 2021」は、ガイアックスの期間限定インターンシップとしては初となる、報酬を得ながら実際に起業できるプログラム。通常、起業家コンテストでは一部賞金や事業検証費用などが支給されるが、起業検討中に報酬の支給はなく、学業や生活の費用をまかなおうとすると起業に専念できないという学生の声を受けて、この度の開催に至った。

 インターンシップでは、起業家伴走のプロ「ガイアックススタートアップスタジオ」の支援のもと、アイデア創出を行い新規事業づくりにチャレンジする。報酬は無条件で50万円支給。そのうち一部を利用し、事業検証も可能。1か月間で起業アイデアを改善し、優秀なアイデアは法人化の援助、最大2,000万円の出資を行う。

 プログラムの流れは、まず自身で考えたアイデアをもとに参加申込みを行い、応募したアイデアをベースに仮説検証を行いMVP(顧客に価値を提供できる最小限の製品)制作の準備を行う。仮説検証したアイデアをMVPに具現化し、顧客の反応を見ながら、リーン(無駄を徹底的になくし、より安いコストで仮説検証を行う手法)なプロダクトの創り方を学んでいく。最終ピッチでは、質疑応答を含めた10分間のプレゼンテーションを行う。

 対象は、起業に興味がある学生(中学/高校/大学/大学院生)、社会人1~3年目で、起業を考えている者、特定業界に精通しているプロフェッショナルな者、将来的に起業するために知識や経験を積みたい者、一緒に起業・事業作りするチームを持っている者。オフラインで実施する、ピッチ(日時は応相談)に参加できることが条件となる。

 参加エントリーは、Webサイトにて受け付けている。募集期間は11月1日~2021年2月21日(延長する可能性あり)。インターン期間は採択から約1か月間。明確な拘束時間はないが、起業アイデアの改善のため、週20~30時間程度を想定。インターン開始時期は、募集期間内にて参加者の希望を反映する。

◆報酬50万円支給型起業インターンシップ「STARTUP challenge 2021」
インターン期間:採択から約1か月間
※明確な拘束時間はないが、起業アイデアの改善のため、週20~30時間程度を想定
※インターン開始時期は、募集期間内にて参加者の希望を反映
形式:原則オンライン開催(Zoom)
対象:起業に興味がある学生(中学/高校/大学/大学院生)、社会人1~3年目で、起業を考えている者、特定業界に精通しているプロフェッショナルな者、将来的に起業するために知識や経験を積みたい者、一緒に起業・事業作りするチームを持っている者
参加条件:オフラインで実施する、ピッチ(日時は応相談)に参加できること
募集期間:2020年11月1日(日)~2021年2月21日(日)
※募集期間は延長する可能性がある
申込方法:Webサイトにて参加エントリーする
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)