ブリティッシュ・カウンシル、小学生向け英語コース4月開講

 英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルは2021年4月、小学生向け英語コース「Primary Plus(プライマリー・プラス)」の2021年度プログラムを開始する。新たな教育アプローチを加えてさらに進化したという。

教育・受験 小学生
小学生向け英語コース「Primary Plus(プライマリー・プラス)」
  • 小学生向け英語コース「Primary Plus(プライマリー・プラス)」
  • クラスメイトとのグループワークやペアワークを通して自然な英語力と21世紀スキルを育む (c) Kenichi Aikawa
  • 英語でのプログラミング体験などアクティビティも充実 (c) Kenichi Aikawa
  • 事前のオンライン学習がレッスンでのコミュニケーションの自信につながる (c) Kenichi Aikawa
 英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルは2021年4月、小学生向け英語コース「Primary Plus(プライマリー・プラス)」の2021年度プログラムを開始する。新たな教育アプローチを加えてさらに進化したという。

 「Primary Plus」は、80年の英語教育の実績を持つブリティッシュ・カウンシルがグローバル社会のニーズにあわせて独自開発した小学生向け英語プログラム。世界40か国で展開しており、子どもの英語4技能と21世紀型スキルと同時に育むアクティブラーニング形式の学習を提供している。

 教室でのグループレッスンでは、正しい発音や語彙力、文法の知識を増やしながら、さまざまなアクティビティを通して「読む・聞く・話す・書く」の4技能を体系的に習得。国際的な言語運用能力指標CEFRに準拠したカリキュラムで、子どもの年齢に適した社会生活に関するトピックを取り入れている。また、レッスンでは英国初のマイクロコンピュータ「BBCmicro:bit」などを使った英語でのプログラミング体験を通して、デジタルリテラシーの向上にも力を入れている。

 レッスン前に行うリーディングやリスニング、語彙学習のためのオンラインアクティビティを新たに追加。これにより、子どもは自信を持って授業で講師やクラスメイトとのスピーキングに集中でき、自宅では自分のペースで英語学習を継続できる。

 海外のブリティッシュ・カウンシルで学ぶ小学生たちとのオンライン交流セッション「Connecting Culture」もスタート。さらに、全世界のブリティッシュ・カウンシルの受講生が参加するアート・コンペティションや英国文化を体験する季節イベント、1年の学習成果を披露するスピーチ・コンテストなど年間を通じて楽しく学びを継続するアクティビティが充実している。保護者向けのサポートワークショップでは、オンライン英語学習教材の効果的な使い方などを紹介する。

◆小学生向け英語コース Primary Plus
開講日程:
・ターム1(春学期)2021年4月4日(日)~7月18日(日)
・ターム2(秋学期)2021年9月5日(日)~12月12日(日)
・ターム3(冬学期)2022年1月9日(日)~3月13日(日)
対象:コース開講時に小学1年生~6年生であり、6歳~12歳に達している人
コース種類:週1回×3時間(日曜日)
※レベルによってレッスン時間が異なる
会場:ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール飯田橋本校(東京都新宿区神楽坂1-2)
授業料(入学金、教材費込):
・ターム1(15週間・45時間)17万5,500円(税別)
・ターム2(15週間・45時間)17万5,500円(税別)
・ターム3(10週間・30時間)11万7,000円(税別)
※早期割引として、全ターム同時申込で表記価格より20%の割引、ターム1、2同時申込で表記価格より15%の割引、ターム1申込で表記価格より10%の割引(2020年12月13日(日)まで)
※無料で受講相談を受けられる。受講相談の予約はWebサイトにて受け付けている
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)