中高生向け、多様性学ぶAL型英語プログラム…2021年度受講生募集

 ブリティッシュ・カウンシルは2021年4月に開講する、中高生向け英語コース「Secondary Plus」の受講生募集を開始した。英語4技能と世界に通用する対話力、問題解決力を育むアクティブラーニング形式の英語プログラムで、12月13日まで早期割引キャンペーンも実施する。

教育・受験 中学生
ブリティッシュ・カウンシルでの学び(イメージ) (c) Kenichi Aikawa
  • ブリティッシュ・カウンシルでの学び(イメージ) (c) Kenichi Aikawa
  • 中学生向け英語コース「Secondary Plus」
  • 高校生向け英語コース「Upper Secondary Plus」
  • 「Secondary Plus」オリジナル教材「マガジン」
  • 「Upper Secondary Plus」オリジナル教材「マガジン」
  • ブリティッシュ・カウンシルでの学び(イメージ) (c) Mat Wright
  • ブリティッシュ・カウンシルでの学び(イメージ)
  • ブリティッシュ・カウンシルでの学び(イメージ) (c) Kenichi Aikawa
 ブリティッシュ・カウンシルは2021年4月に開講する、中高生向け英語コース「Secondary Plus(セカンダリープラス)」の受講生募集を開始した。英語4技能と世界に通用する対話力、問題解決力を育むアクティブラーニング形式の英語プログラムで、12月13日まで早期割引キャンペーンも実施する。

 「Secondary Plus」は、ブリティッシュ・カウンシルの独自開発によるオリジナル教材「マガジン」を使ったアクティブラーニング形式の中高生向け英語プログラム。国際的な言語運用能力指標CEFRに準拠しており、完全英語環境の中、国際英語教授資格を有する講師とともに、身近で多様なトピックについて英語で考え、英語で学ぶことを通して「読む」「聞く」「書く」「話す(対話・発表)」の英語4技能を習得。グループワークを通して国際社会で生きるうえで必要な問題解決力やコラボレーション力といった21世紀スキルも育む。

 授業で扱うトピックは、環境問題からテクノロジー、多文化など多岐にわたり、受講生が主体的に興味を持てる身近なトピックについてさまざまなメディアに触れながら英語で学ぶことで生きた英語力を習得する。グループワークで意見を出しあい、解決策を考え、客観的なフィードバックをしあう環境を設けるなど、英語を学ぶモチベーションアップにも配慮。さらに2021年度は、授業前に行うオンライン学習教材を新たに導入。自宅でリーディングやリスニング、語彙学習に取り組み、教室でのコミュニケーションにより自信を持って集中できる自立した英語学習サイクルをサポートする。

 コースは、中学生向けコース「Secondary Plus」と、高校生向けコース「Upper Secondary Plus」で構成。ターム1(春学期)、ターム2(秋学期)、ターム3(冬学期)の3ターム制で、ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール飯田橋本校で開講する。なお、12月13日までに申し込むと授業料が最大20%割引になる早期割引キャンペーンも実施。詳細はWebサイトで確認でき、オンラインの受講相談、英語力診断も受け付けている。

◆中高生向け英語コース「Secondary Plus」
開講日程:
【ターム1(春学期)】2021年4月3日(土)~7月17日(土)
【ターム2(秋学期)】2021年9月4日(土)~12月11日(土)
【ターム3(冬学期)】2022年1月8日(土)~3月12日(土)
受講時間:週1回×3時間(毎週土曜日17:30~20:30)
会場:ブリティッシュ・カウンシル英会話スクール 飯田橋本校(東京都新宿区神楽坂1-2)
対象:
【中学生向けコース「Secondary Plus」】コース開講時に中学1~3年生で、12~15歳に達している人
【高校生向けコース「Upper Secondary Plus」】コース開講時に高校1~3年生で、15~18歳に達している人
授業料:
【ターム1のみ】17万5,500円(税別)
【ターム1+2】35万1,000円(税別)
【ターム1~3】46万8,000円(税別)
※2020年12月13日までに申し込むと最大で20%割引
申込方法:Webサイトから受講相談と英語力診断を予約し、レベルチェック、受講相談実施後に申し込む
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)