来館後の理解度・満足度アップ、科学技術館 バーチャル見学ツアー

 日本科学技術振興財団 科学技術館とビー・シー・シーは2020年11月12日より、「科学技術館 バーチャル見学ツアー」を公開している。自宅や学校で来館前に事前学習ができるため、来館後の理解を高め、満足度が高まるという。

デジタル生活 小学生
 日本科学技術振興財団 科学技術館とビー・シー・シーは2020年11月12日より、「科学技術館 バーチャル見学ツアー」を公開している。自宅や学校で来館前に事前学習ができるため、来館後の理解を高め、満足度が高まるという。

 科学技術館の展示は、「見て」「触れて」「試す」ことで楽しみながら理解できる体験型展示を主体としている。しかし、現在は新型コロナウイルス感染症対策のため、一部の展示で休止や体験の制限をしている状況にある。

 事前バーチャル見学ツアーは、ビー・シー・シーが手掛けるサービスを利用している。映像技術の試行の場としながらも、コロナ禍における来館者対応の1つの方法として制作された。

 「科学技術館 バーチャル見学ツアー」では、自宅や学校にいながら科学技術館内を360度画像や映像を通してバーチャル見学や事前学習が可能。新型コロナウイルス感染症対策のために休止している一部の展示や、コロナ禍で来館できない人でも、科学技術館の特徴的な展示の一部を見学できる。今回は、プレオープンとして一部のフロアを公開しているが、年内に全フロアを公開する予定だという。

 科学技術館を皮切りに、ビー・シー・シーのサービスを利用して全国の科学館、博物館・水族館、国立公園などでコンテンツが制作され、1つのWebサイトに集約して全国のバーチャルツアーを体感できるサービスを作りあげ、サイエンスの裾野を広げる活動に取り組みたいとしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)