QSアジア大学ランキング2021、東大15位…2年連続で下降

 世界大学評価機関の英国クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds、以下QS)は2020年11月23日、QSアジア大学ランキング2021を発表した。国内1位の東京大学は、世界13位から15位へ順位を下げ、2年連続で順位が下降した。

教育・受験 高校生
QSアジア大学ランキング2021
  • QSアジア大学ランキング2021
  • QSアジア大学ランキング2021(日本国内の順位)
 世界大学評価機関の英国クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds、以下QS)は2020年11月23日、QSアジア大学ランキング2021を発表した。国内1位の東京大学は、世界13位から15位へ順位を下げ、2年連続で順位が下降した。

 QSアジア大学ランキング2021(QS Asia University Rankings 2021)は、QSのこれまでで最大のアジアランキング。中国本土(124大学)、インド(106大学)、日本(98大学)、韓国(85大学)など合計634機関を対象にランキング化している。ランキングは、学術的評判や雇用主の評判、教員と学生の比率、国際的な研究ネットワーク、論文ごとの引用、教員ごとの論文など11の指標をもとに集計し、重要度に応じて重み付けされている。

 総合ランキングは、1位「シンガポール国立大学(NUS)」、2位「清華大学」、3位「南洋理工大学(NTU)」、4位「香港大学(HKU)」、5位「浙江大学」。1位と3位はシンガポール、2位と5~7位は中国の大学だった。

 日本国内では、15位「東京大学」、17位「京都大学」、20位「東京工業大学」、22位「大阪大学」、23位「東北大学」、29位「北海道大学」、31位「九州大学」、32位「名古屋大学」、40位「早稲田大学」、45位「慶應義塾大学」の順にランクイン。QSアジア大学ランキング上位500校に78校が入った。

 東京大学は、13位(2018)から11位(2019)、13位(2020)、15位(2021)へ2年連続で順位を下げた。

◆QSアジア大学ランキング2021
1位「シンガポール国立大学(NUS)」シンガポール
2位「清華大学」中国
3位「南洋理工大学(NTU)」シンガポール
4位「香港大学(HKU)」香港
5位「浙江大学」中国
6位「復旦大学」中国
7位「北京大学」中国
8位「香港科技大学(HKUST)」香港
9位「マラヤ大学(UM)」マレーシア
10位「上海交通大学」中国

◆QSアジア大学ランキング2021 日本国内の順位
1位「東京大学」(15位)
2位「京都大学」(17位)
3位「東京工業大学」(20位)
4位「大阪大学」(22位)
5位「東北大学」(23位)
6位「北海道大学」(29位)
7位「九州大学」(31位)
8位「名古屋大学」(32位)
9位「早稲田大学」(40位)
10位「慶應義塾大学」(45位)
※括弧内は「QSアジア大学ランキング2021」順位
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)