期間限定配信「国際バカロレアについて考えよう」12/19-27

 Bright Choiceは2020年12月19日~27日の期間、日本における国際バカロレアの第一人者、坪谷ニュウエル郁子氏をゲストスピーカーに迎えた特別イベント「子どもの未来を創造する、国際バカロレアについて考えよう。」を開催。期間限定でイベントのようすを動画配信する。

教育イベント 小学生
Bright Choice × New Educator Online Workshop「子どもの未来を創造する、国際バカロレアについて考えよう。」
  • Bright Choice × New Educator Online Workshop「子どもの未来を創造する、国際バカロレアについて考えよう。」
  • Bright Choice
 Bright Choice(ブライトチョイス)は2020年12月19日~27日の期間、日本における国際バカロレアの第一人者、坪谷ニュウエル郁子氏をゲストスピーカーに迎えた特別イベント「子どもの未来を創造する、国際バカロレアについて考えよう。」を開催。期間限定でイベントのようすを動画配信する。参加費は3,300円(税込)。

 国際バカロレア(IB)は、スイス・ジュネーブに本部を置く国際バカロレア機構が提供する国際的な教育プログラム。おもに生徒の年齢に応じて、3~12歳対象の「PYP(Primary Years Programme)」、11~16歳対象の「MYP(Middle Years Programme)」、16~19歳対象の「DP(Diploma Programme)」の3つの教育プログラムに分かれており、世界の複雑さを理解し対処できる生徒を育成し、国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)を与えることで大学進学へのルートを確保することを目的としている。

 日本国内においても国際バカロレアプログラムを導入する学校は年々増加しており、一部日本語で受けられることが認められるなど、“日本の子どもたちのためのグローバル教育”として期待が寄せられている。また、異文化理解を深め、主体的・対話的な探求型学習を中心とした国際バカロレアは、多様化する国際社会において活躍するグローバル人材を育成する教育として、産業界からも注目されているという。

 特別イベントでは、国際バカロレア機構・国際バカロレア日本大使である坪谷ニュウエル郁子氏を講師として招き、日本のグローバル教育の動向について詳しく解説する。国際バカロレアの教育理念から、世界の導入状況と日本における動向、日本語DP、国内・海外の大学進学先などについて講演を行なった後、ブライトチョイス編集長・佐久間麗安氏を交えたパネルディスカッションを実施。これからの教育を考える親目線での質問応答を繰り広げる。

 イベントは期間限定の動画配信形式で開催。参加費は3,300円(税込)。事前申込制で、申込みはWebサイトにて受け付けている。

◆Bright Choice × New Educator Online Workshop
子どもの未来を創造する、国際バカロレアについて考えよう。
日程:2020年12月19日(土)~12月27日(日)期間限定動画配信
対象:国際バカロレアの対象となる年齢の子どもをもつ保護者
参加費:3,300円(税込)
申込方法:Webサイトにて申し込む
ゲストスピーカー:坪谷ニュウエル郁子氏(東京インターナショナルスクール理事長/国際バカロレア機構 国際バカロレア日本大使ほか)
内容:ゲストスピーカー講演(45分)、パネルディスカッション(15分)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top