学校法人のデジタル化のスピード、職員満足度は3割

 学校法人のデジタル化のスピードに満足している大学・専門学校職員は3割にとどまることが2020年12月14日、ワークフロー総研の調査結果から明らかになった。紙や手作業で行われている承認・稟議申請業務は「稟議書」がもっとも多く、74.4%がデジタル化されていないとした。

教育業界ニュース 教育ICT
現在所属している学校法人のデジタル化のスピードに満足しているか
  • 現在所属している学校法人のデジタル化のスピードに満足しているか
 学校法人のデジタル化のスピードに満足している大学・専門学校職員は3割にとどまることが2020年12月14日、ワークフロー総研の調査結果から明らかになった。紙や手作業で行われている承認・稟議申請業務は「稟議書」がもっとも多く、74.4%がデジタル化されていないとした。

 「学校現場における稟議や申請・承認業務の実態およびデジタル化への関心の実態把握」に関するアンケート調査は、エイトレッドが運営する「ワークフロー総研」が2020年12月3日~4日、大学職員・専門学校職員249人を対象にインターネットで実施したもの。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

【注目の記事】

特集

page top