【中学受験2021】千葉県立中、一次通過率は東葛飾39.2%

 千葉県教育委員会は2020年12月17日、2021年度(令和3年度)千葉県県立中学校一次検査結果を発表した。一次検査通過率は、千葉中学校が53.7%、東葛飾中学校が39.2%。二次検査受検候補者を対象に2021年1月24日に適性検査や面接などが行われる。

教育・受験 小学生
一次検査結果の概要
  • 一次検査結果の概要
  • 千葉県立千葉中学校
  • 千葉県立東葛飾中学校
 千葉県教育委員会は2020年12月17日、2021年度(令和3年度)千葉県県立中学校一次検査結果を発表した。一次検査通過率は、千葉中学校が53.7%、東葛飾中学校が39.2%。二次検査受検候補者を対象に2021年1月24日に適性検査や面接などが行われる。

 2021年度千葉県県立中学校の一次検査は12月5日、各校で適性検査が行われた。各校の募集定員80人に対し、一次検査の受検者数は千葉中学校が596人(男子321人、女子275人)、東葛飾中学校が819人(男子436人、女子383人)。

 一次検査を通過した二次検査受検候補者は、千葉中学校が320人(男女各160人)、東葛飾中学校が321人(男子160人、女子161人)。一次検査通過率は、千葉中学校が 53.7%(男子49.8%、女子58.2%)、東葛飾中学校が39.2%(男子36.7%、女子42.0%)。二次検査受検候補者一覧は、12月17日から18日午後4時まで各校のWebサイトに掲載されている。

 今後、二次検査受検候補者は2021年1月8日から12日まで、報告書や志願理由書などを郵送で提出。1月24日に適性検査と集団面接(東葛飾中学校はプレゼンテーション的内容を含む)を実施する。入学許可候補者内定者の発表は2月1日午前9時。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top