交通事故死者数が3000人下回る、ワースト1位は東京

警察庁が1月4日に発表した2020年の交通事故死者数は前年より376人少ない2839人となり、4年連続で戦後最少を更新、初めて3000人を下回った。

生活・健康 その他
(イメージ)
  • (イメージ)
  • 交通事故死者数の推移(2020年)
警察庁が1月4日に発表した2020年の交通事故死者数は前年より376人少ない2839人となり、4年連続で戦後最少を更新、初めて3000人を下回った。

2020年は新型コロナウイルス感染症が拡大した影響による移動自粛などで交通量が大幅に減少した。このため、交通事故発生件数は30万9000件と、前年と比べて約7万2237件減少した。

交通事故死者数は1960年代後半から1970年代前半にかけて年間1万6000人前後だったが、5分の1以下に減っている。2020年の人口10万人当たりの交通事故死者数は2.25人だった。負傷者数は36万8601人と、前年から10万人近く減った。

都道府県別の交通事故死者数でワースト1位は東京都で155人だった。東京都がワーストとなるのは53年ぶり。ワースト2位は知県で154人だった。前年に172人でワースト1位だった千葉県は128人にまで減少した。交通事故死者数の推移(2020年)

交通事故死者数が3000人下回る、都道府県別ワーストは東京 2020年

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top