一斉休校から考える学びの支援…新刊「学校がとまった日」

 東洋館出版社は2021年2月1日、立教大学・中原淳教授監修の新刊『学校が「とまった」日―ウィズ・コロナの学びを支える人々の挑戦―』を刊行する。全国一斉休校で何が起こっていたかを当事者の証言とデータ分析から実態把握し、学びを支えていくためのヒントを提示する。

教育業界ニュース その他
 東洋館出版社は2021年2月1日、立教大学・中原淳教授監修の新刊『学校が「とまった」日ーウィズ・コロナの学びを支える人々の挑戦ー』を刊行する。異例の全国一斉休校で何が起こっていたかをあらゆる当事者の証言とデータ分析から実態把握し、予測不可能な状況下でも学びを支えていくためのヒントを提示する。

 立教大学共同研究「学びを支えるプロジェクト(代表:中原淳教授)」は2020年3月下旬、新型コロナウイルスの感染拡大と同時に企画され、感染症対策としての「全国一斉休校」渦中の生徒、保護者、教員、NPO法人など、あらゆる当事者の証言とデータ分析による実態把握を行った。書籍では、その調査結果をまとめ、休校措置によって子どもたちの生活や学びにどのような変化がもたらされたのかを提示することで、学びを支える教育関係者が今後予測不可能な状況下でも学びをとめないために何が必要かを対話し、行動していくための契機となることを目的としている。

リシードで全文を読む
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

page top