「先生」テーマ、子ども作文コンクール募集

 こども教育支援財団は、小学生と中学生を対象にした第3回「子ども作文コンクール」の作品を募集する。テーマは「わたしの先生、ぼくの先生」。募集期間は2021年3月15日~5月11日。

教育・受験 小学生
 こども教育支援財団は、小学生と中学生を対象にした第3回「子ども作文コンクール」の作品を募集する。テーマは「わたしの先生、ぼくの先生」。募集期間は2021年3月15日~5月11日。

 子ども作文コンクールは、子どもたちの書く力・伝える力を育み、子どもたちがこれまでに出会った、自分にとってかけがえのない存在である「先生」について、素直な思いを表現する機会となることを願い、2019年度から開催している。

 募集対象は、2021年4月時点で小学生・中学生で国内・海外を問わない。テーマは「わたしの先生、ぼくの先生」。これまでに出会った「先生」に対する素直な気持ちや思いを書く。学校の先生はもちろん、「先生」と思う人のことなら誰でもOK。

 作品は日本語で作成する。文字数は、小学1~3年生の部は400~800字程度(400字詰め原稿用紙1~2枚程度)、小学4~6年生の部は800~1,200字程度(400字詰め原稿用紙2~3枚程度)、中学生の部は800~1,200字程度(400字詰め原稿用紙2~3枚程度)。紙で応募する場合は、原稿用紙の1行目にタイトル、2行目に学校名と学年(2021年4月時点のもの)、3行目に名前を書き、4行目から本文を書く。

 応募点数は、1人につき1点まで。応募作品は同コンクールのために書いた未発表のオリジナル作品に限り、ほかのコンクールや出版物で発表された作品、それを書き直した作品は認めない。個人単位または学校(団体)単位で申し込む。

 学校(団体)で申し込む場合は、作品ごとに応募用紙をホチキス留めし、応募者名簿に必要事項を記載して同封する。送付先はWebサイトに掲載しており、東日本ブロック(福井県・岐阜県・愛知県以東)は東京事務局へ、西日本ブロック(京都府・滋賀県・三重県以西)は岡山市のIPU・環太平洋大学へ送付する。

 原稿用紙の入手が難しい場合は、Webサイトから原稿用紙をダウンロードできる。応募作品は返却しないため、必要な場合はあらかじめコピーを取ってから申し込む。コンクールの賞は、小学生低学年(1~3年生)の部、小学生高学年(4~6年生)の部、中学生の部の3部門にそれぞれに贈る。募集は3月15日から開始し、5月11日(必着)まで。

◆第3回「子ども作文コンクール」
対象:2021年4月時点で小学生・中学生
テーマ:わたしの先生、ぼくの先生
文字数:小学1~3年生の部は400~800字程度、小学4~6年生の部は800~1,200字程度、中学生の部は800~1,200字程度
申込期間:2021年3月15日(月)~5月11日(火)必着
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top