食育推進事業、朝ごはん指導等の成果公表…文科省

 文部科学省は2021年4月21日、2020年度(令和2年度)「つながる食育推進事業」の成果報告書を公表した。福島、埼玉、静岡、奈良、愛媛の5県が、栄養教諭を中心とした食育の取組みについて実践例や成果、課題等をまとめている。

教育業界ニュース 文部科学省
 文部科学省は2021年4月21日、2020年度(令和2年度)「つながる食育推進事業」の成果報告書を公表した。福島、埼玉、静岡、奈良、愛媛の5県が、栄養教諭を中心とした食育の取組みについて実践例や成果、課題等をまとめている。

 「つながる食育推進事業」は、栄養教諭が中心となり、学校を核として地域の生産者や関係機関・団体等とも連携しながら、学校でより実践的な食育を行うとともに、家庭における望ましい食生活の継続的な実践にもつながる食育の実践モデルを構築することが目的。2020年度は、都道府県教育委員会等から9事業の企画提案書の提出があり、このうち5事業を採択した。

リシードで全文を読む
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

page top