レール上を自分で走る「レールサイクル」くま川鉄道5/1から

人吉温泉駅(人吉市)と湯前(ゆのまえ)駅(湯前町)を結ぶくま川鉄道は、5月1日からレール上をマウンテンバイクで走る「レールサイクル」を開始する。

趣味・娯楽 その他
レール上を2人1組で自転車を漕ぐ、くま川鉄道のレールサイクル。
  • レール上を2人1組で自転車を漕ぐ、くま川鉄道のレールサイクル。
  • くま川鉄道のレール。
  • 実施箇所とコース。
  • レールサイクルの乗車バリエーション。1~2人が補助席に同乗できる。
人吉温泉駅(人吉市)と湯前(ゆのまえ)駅(湯前町)を結ぶくま川鉄道は、5月1日からレール上をマウンテンバイクで走る「レールサイクル」を開始する。

くま川鉄道は令和2年(2020年)7月豪雨の影響で全線で運行を見合わせており、11月に肥後西村~湯前間を先行して再開する方針が示されているが、「くまチャリ」と題したこのサービスでは、再開予定区間に入っていない川村~相良藩願成寺(さがらはんがんじょうじ)間のうち、熊本県相良村内の十島菅原第一踏切と願成寺踏切との間を約30分往復走行する。

実施日は2022年3月27日までの年末年始を除く土休日で、9~15時の間、1時間ごとに3台で行なわれる(12時を除く)。

料金は2人の場合4000円、3人の場合4500円、4人の場合5000円。予約は利用日の1週間前から2日前までの間、くま川鉄道のウェブサイトで受け付ける。

運休中のレール上を自分で走る…くま川鉄道で「レールサイクル」 5月1日から

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top