レッドアロークラシックに乗り「西武・電車フェスタ」へ…6/5ツアー

西武鉄道(西武)は5月13日、武蔵丘車両検修場(埼玉県日高市)で6月5日に開催される「西武・電車フェスタ2021」に合わせて、10000系「レッドアロークラシック」と4000系に乗車して会場入りするツアーを実施すると発表した。

趣味・娯楽 その他
「レッドアロークラシック」(左)と4000系(右)。
  • 「レッドアロークラシック」(左)と4000系(右)。
  • 2019年の西武・電車フェスタ。残念ながら2020年は中止されたが、今年は6月5日11~15時に開催される予定。新型コロナウイルス対策として、電子入場券または鉄道部品販売電子入場券がないと入場できない。電子入場券は、西武線アプリを通して5月25日10時~6月5日14時に合計3100人分を配布する(先着順、11時以降入場1200人、12時以降入場1900人)。1枚につき4人まで参加できる。
  • 2019年の西武・電車フェスタ
西武鉄道(西武)は5月13日、武蔵丘車両検修場(埼玉県日高市)で6月5日に開催される「西武・電車フェスタ2021」に合わせて、10000系「レッドアロークラシック」と4000系に乗車して会場入りするツアーを実施すると発表した。

「レッドアロークラシック」によるツアーは西武新宿発で、同車に乗車できる最後の機会となる。時刻は西武新宿9時頃発~武蔵丘車両検修場10時30分頃着・15時頃発~所沢15時40分頃着。

1~4人の範囲で参加でき、最大344人を募集するが、最少催行人員170人に達しない場合は運行されない。旅行代金は8800~1万9800円(参加人数や席の利用形態により異なる)。

4000系によるツアーは池袋発で、時刻は池袋9時頃発~武蔵丘車両検修場10時頃着・14時30分頃発~小手指15時頃着。

1~4人の範囲で参加でき、最大320人を募集するが、最少催行人員が160人に達しない場合は運行されない。旅行代金は6600円~1万6500円(参加人数や席の利用形態により異なる)。

いすれのツアーも会場には先行して入場できる。申込みは5月23日23時59分まで西武のウェブサイトで受け付けている。

これが本当のラスト…「レッドアロークラシック」に乗り「西武・電車フェスタ」へ 6月5日

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

特集

page top