【大学受験2022】合格に近い大学判定「私立医学部模試」全国26会場&自宅受験

 医系専門予備校メディカルラボは2021年6月、合格にもっとも近い私立医学部を判定する第1回「私立医学部模試」を全国26会場で開催する。対象は高校3年生および高卒生。実施にあたり、会場では新型コロナウイルス感染予防対策を徹底する他、自宅での受験も可能。

教育・受験 高校生
第1回 私立医学部模試
  • 第1回 私立医学部模試
  • ひとりひとりの学力特性を分析する独自の出題形式
  • 大学の出題傾向にあわせて大学別パーソナルスコアを算出
 医系専門予備校メディカルラボは2021年6月、合格にもっとも近い私立医学部を判定する第1回「私立医学部模試」を全国26会場で開催する。対象は高校3年生および高卒生。実施にあたり、会場では新型コロナウイルス感染予防対策を徹底する他、自宅での受験も可能。

 「私立医学部模試」は、一般の模試のように単元ごとの理解力を測る出題形式ではなく、入試で求められる要素(学力)をスピード、記述力、読解力、計算力、思考力、誘導理解等に分類し、それぞれの力を測る問題形式で出題。その得点結果から、どのような出題形式が得意なのか、正確に速く解く力はあるか等、ひとりひとりの学力特性を導き出す。

 さらに、スピード、記述力、読解力の得点結果を、大学ごとに異なる出題傾向や解答形式に照らし合わせて換算した「大学別パーソナルスコア」として算出。これをもとに各大学の合格可能性を診断するため、偏差値を基準に合否判定する一般の模試に比べ、ひとりひとりの学力特性にマッチした大学や自分自身の学力特性と相性のいい大学といった「合格できる」大学を知ることができる。

 「私立医学部模試」では、全私立医学部31大学の各科目の大学別パーソナルスコアを算出することが可能。出題傾向や形式が大学ごとに大きく異なる医学部入試に細やかに対応する。

 全国の各会場では新型コロナウイルス感染予防対策を徹底する他、自宅での受験にも対応。Webサイトの申込フォームから希望会場または自宅受験を選択して申し込む。第1回の試験日は6月13日、20日、27日のいずれか1日で、会場により異なる。受験料は5,000円(税込)。なお、第2回模試は10月に5日間の日程で実施を予定している。

◆メディカルラボ 第1回「私立医学部模試」
日程:2021年6月13日(日)、20日(日)、27日(日)
※上記日程のうちいずれか1日。会場により異なる。
会場:全国26会場
(札幌、仙台、さいたま、千葉柏、千葉津田沼、東京秋葉原、東京新宿、東京池袋、立川、町田、横浜、藤沢、静岡、名古屋、金沢、京都、大阪梅田、大阪なんば、神戸三宮、岡山、広島、松山、小倉、福岡、熊本、鹿児島)
対象:高校3年生、高卒生
教科:5科目(英語・数学・化学・生物・物理)
※理科は、化学・生物・物理から2科目を選択
試験時間:各科目90分
受験料:5,000円(税込)
申込方法:Webサイトから申し込む
申込締切:各試験日の1週間前まで
新型コロナウイルス対策:スタッフのマスク着用・手洗い・うがい・検温、受験者のマスク着用、会場内における消毒液の設置、座席間の適切な間隔の確保等
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top