【高校野球2021夏】バーチャル高校野球にマルチアングル映像

 朝日新聞社は2021年8月2日、朝日放送テレビと共同で「バーチャル高校野球」において、4つのアングルの映像を自由に切り替えて視聴できるマルチアングル映像により、夏の甲子園の熱戦を配信すると発表した。女子の決勝でも新マルチアングル機能を採用する。

デジタル生活 その他
女子決勝戦のマルチアングル配信(イメージ)
  • 女子決勝戦のマルチアングル配信(イメージ)
  • 全国大会の見逃し配信の販売開始
  • 短尺の競技映像を大迫力の縦型動画で視聴できる「スーパープレイ動画」機能
  • 熱闘甲子園
 朝日新聞社は2021年8月2日、朝日放送テレビと共同で「バーチャル高校野球」において、4つのアングルの映像を自由に切り替えて視聴できるマルチアングル映像により、夏の甲子園の熱戦を配信すると発表した。第25回全国高等学校女子硬式野球選手権大会の決勝でも新マルチアングル機能を採用する。

 運動通信社が運営するスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」内で展開する「バーチャル高校野球」では、第103回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)について8月3日に行われる組合せ抽選会と、8月9日から順次始まる全48試合をライブ中継。「中継映像」「ピッチャー視点」「バッター視点」「球場全体」の4つのアングルの映像を自由に切り替えて視聴できるマルチアングル機能による配信で、新しい視聴体験を提供する。

 また、史上初めて阪神甲子園球場で決勝戦が行われる第25回全国高等学校女子硬式野球選手権大会もライブ中継し、KDDIの協力のもと、4つのアングルをサムネイル内で同時再生できる新マルチアングル機能で配信する。甲子園での決勝戦には、神戸弘陵と高知中央がすでに進出を決めている。女子の決勝戦は、第103回全国高等学校野球選手権大会の休養日にあたる8月22日午後2時から開催。女子決勝戦のマルチアングル機能は、「バーチャル高校野球」内の特設ページから利用できる。

 「バーチャル高校野球」は、高校野球を動画やニュースでいつでもどこでも楽しめるサービス。スマートフォンアプリには、短尺の競技映像を大迫力の縦型動画で楽しめる「スーパープレイ動画」機能もある。

 2021年度からは、見逃し映像の販売を開始。全国大会だけでなく、地方大会(許諾済みの約1,600試合)の熱戦も視聴できる。価格は、試合ごと1,960円(税込)、高校野球全試合4,900円(税込)。球児たちの一球にかける思いやエピソードを届ける「熱闘甲子園」(ABCテレビ・テレビ朝日制作、2021年8月9日放送スタート)の見逃し動画についても、放送日翌日から「バーチャル高校野球」上で無料配信する。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top