17~19歳のコロナワクチン接種「意向なし」4割超、日本財団調査

 日本財団は2021年7月16日から20日、全国の17歳から19歳の男女計1,000人を対象に「新型コロナワクチン」をテーマにしたインターネット調査「18歳意識調査『第40回 新型コロナワクチン』」を実施。その結果を8月26日に公表した。

生活・健康 高校生
新型コロナウイルスワクチン接種状況
  • 新型コロナウイルスワクチン接種状況
  • ワクチン接種を受ける理由
  • ワクチン接種を受けない理由
  • ワクチンの情報源

 日本財団は2021年7月16日から20日、全国の17歳から19歳の男女計1,000人を対象に「新型コロナワクチン」をテーマにしたインターネット調査「18歳意識調査『第40回 新型コロナワクチン』」を実施。8月26日に公開した調査結果によると、「新型コロナワクチン」接種未定22.5%、意向なし21.3%であることが明らかになった。

 「あなたは新型コロナウイルスワクチンを接種しましたか」という質問に対しては、「すでに接種した」が9.1%にとどまっており、「すでに接種予定日が決まっている」が10.5%、「接種したいが、予定日は決まっていない」が36.6%(以上の回答者を便宜的に「接種意向者」と定義)で、接種意向があるにも拘らず予約等が取れていない若者が4割以上にのぼった。一方で、「接種するかどうか決めていない」22.5%、「接種するつもりはない」21.3%(以上の回答者を「接種非意向者」と定義)を合わせるとこちらも4割以上を占めている。

 「接種意向者」がワクチン接種を受ける理由(3つまでの複数回答)は、「自分の感染・発症を防ぎたい」が76.9%で最多。次いで「身近な人の感染・発症を防ぎたい」が55.5%。このほか、「周辺地域や日本全国の感染・発症を防ぎたい」が20.3%、「身近な人が勧めているから」「学校・職場が勧めているから」がともに11.2%と上位にあがっている。

 「接種非意向者」がワクチン接種を受けない理由では、「ワクチンの短期又は軽度の副作用が不安である」32.2%、「ワクチンの長期又は重度の副作用が不安である」31.3%、「ワクチンに関する情報が足りない」30.6%が上位にあがっている。若者に対し正しい情報を届ける難しさ、根強い副反応への不安や注射への苦手意識などが浮き彫りとなった。

 ワクチンの情報源としては、「接種意向者」「接種非意向者」ともに「テレビ」「インターネットのニュース」「インターネットのSNSや掲示板」が上位にあがっているが、「国や自治体のウェブサイト」については「接種意向者」が34.5%、「接種非意向者」が23.1%と差がみられた。また、「接種非意向者」は「特に情報は集めていない」が25.3%と「接種意向者」の10.3%に比べ2倍以上多い。

 さらに、現在日本国内で公的接種が進められている新型コロナウイルスワクチンに関する情報を複数あげ、これについて正しいと思うかどうかも質問しているが、「筋肉注射で行われることから、皮下注射に比べて注射針を刺すときの痛みが強い」「接種したあと、稀に珍しいタイプの血栓症が起きる」という情報については、「接種意向者」「接種非意向者」ともに「正しいと思う」の回答が「間違っていると思う」より多く、誤認が多いことが判明した。

 「18歳意識調査『第40回 新型コロナワクチン』」では、若者が選ぶワクチン接種の優先度のほか、経済団体などから提案されている国内でのワクチンパスポートおよびその活用方法についても、意見を聴取している。

 ◆調査概要
 実施機関:日本財団
 調査対象:全国の17歳~19歳男女各500名・合計1,000名(印刷業・出版業/マスコミ・メディア関連/情報提供サービス・調査業/広告業関係者は調査から除外)
 実施期間:2021年7月16日(金)~7月20日(火)
 調査手法:インターネット調査

《安藤里恵》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top