東京都教委、英語教育Webサイト開設…バーチャル留学も

 東京都教育委員会は2021年9月10日、Webサイト「TOKYO ENGLISH CHANNEL」を開設したことを発表した。同Webサイトは多様な英語学習の機会の拡充、充実した英語教育の提供を目的としており、英語学習コンテンツをWebサイト上に一元的に掲載している。

教育ICT 小学生
TOKYO ENGLISH CHANNEL
  • TOKYO ENGLISH CHANNEL
  • バーチャル留学
 東京都教育委員会は2021年9月10日、Webサイト「TOKYO ENGLISH CHANNEL」を開設したことを発表した。同Webサイトは多様な英語学習の機会の拡充、充実した英語教育の提供を目的としており、英語学習コンテンツをWebサイト上に一元的に掲載している。

 Webサイト「TOKYO ENGLISH CHANNEL」に掲載される英語コンテンツは、小学1年生から大学レベルまで、興味関心に応じて選べるものとなっており、ひとりひとりの習熟に合わせた多様な学習機会を拡充する。これにあたり、Webサイトではオンライン化した独自教材を順次公開中。「TokyoGlobalStudio」は小学3年生以降対象、中高生以上対象の教材が公開されており、小学1・2年生対象のものは新規開発中で、順次公開予定。今後、小中高生対象の「Welcome to Tokyo」、高校生以上対象のテーマ別動画教材を順次公開予定。

 都教育委員会は、世界と渡り合う生きた英語力を身に付けるための実践の機会として、同Webサイトでのオンラインイベント開催を予定している。イベント開催にあたり、イベントの学習効果を増大させる事前・事後動画教材の他、イベントに参加できない人がイベントの追体験を行える動画コンテンツもイベント終了後に用意。

 今後予定されているイベントは「バーチャル留学」「LIVE TALK」「高校生フォーラム」の3つ。「バーチャル留学」は、2021年9月23日にオンラインで集まった多様な国・地域の生徒と共にディスカッションを行いながら、海外・国内の大学の講義を受講するイベント。「LIVE TALK」では世界で活躍する人を招き、話を聞くことで、世界で生き抜く術を学ぶ。「高校生フォーラム」は、高校生が分科会形式で議論を行い、それぞれの意見を融合させ、全体で一つの提言を導き出し発表するイベント。

 現在、「TOKYO ENGLISH CHANNEL」上にバーチャル留学に関する動画教材が掲載されており、事前学習を行える。今後、LIVE TALKや高校生フォーラムに関する動画教材も順次提供予定。
《高垣愛》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top