札幌駅の新幹線高架橋工事は2022年夏から…1番線廃止

JR北海道は9月15日、2030年度に予定されている北海道新幹線札幌延伸に伴ない、2022年夏頃から札幌駅の新幹線高架橋工事に着手すると発表した。

生活・健康 その他
11番線の工事に伴ない、かなりの部分が閉鎖されている札幌駅北口。2021年6月5日。
  • 11番線の工事に伴ない、かなりの部分が閉鎖されている札幌駅北口。2021年6月5日。
  • 店舗施設が閉鎖され通路機能のみとなっている札幌駅北側連絡通路。2021年6月5日。
  • 11番線の工事予定地。2020年11月時点の様子。
  • 2022年10月頃の新幹線高架橋工事や耐震補強工事着手までのプロセス。11番線の工事はすでに始まっている。
  • 地下商業施設パセオへの影響。休館後は、1階の東西をつなぐ通路と地下1 階の南北をつなぐ通路については仮設通路を整備して動線を確保するという。
  • 高架橋工事の施工範囲。南側の道路が支障する。
  • 新幹線札幌駅関連の工事スケジュール。
JR北海道は9月15日、2030年度に予定されている北海道新幹線札幌延伸に伴ない、2022年夏頃から札幌駅の新幹線高架橋工事に着手すると発表した。

北海道新幹線札幌駅は「北5西1街区」と呼ばれる、創成川の西側に建設されることになっており、新幹線列車は西側(桑園方)から、南側の現1番線を活用する高架橋を通り、創成川を跨ぐ形で建設される東側(苗穂方)のホームに発着する。

そのため、1番線は2022年10月に廃止される予定となっており、その代替として、現在、北側で11番線の新設工事が行なわれている。これに関連して、2021年10月には11番線下の北側連絡通路が使用停止となる予定。

また、1番線向かいの2番線部分についてはホームや階段の幅員縮小やエスカレータ改修を実施する計画。

高架橋の耐震補強工事も合わせて実施されるため地下商業施設『パセオ』の主要設備が撤去され、同施設は2022年10月から3~6年程度休業する予定。その間、パセオ店舗内の通路が全面的に閉鎖されるほか、東西コンコース内昇降設備の一部や南側連絡通路が利用できなくなる。

高架橋工事は札幌駅の東西約800mの範囲を4ブロックに分けて段階的に着手され、在来線高架橋南側の道路や一部を除く高架下の施設が支障するとしている。

札幌駅の新幹線高架橋工事は2022年夏から…1番線廃止、11番線供用の準備も進む

《佐藤正樹(キハユニ工房)@レスポンス》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top